« 懸賞報告7/ウエラ・クリニケア | トップページ | Shall we Dance? »

2005.04.30

静と動

今日はリエツィンと美術館&遊園地に行ってきた。
まず午前中兵庫県立美術館で開催されている「ドレスデン国立美術館展」へ。
レンブラントやフェルメールなどの絵画の他にも、剣や銃・大きなダイヤモンドを使った宝飾品やマイセンなどの陶磁器なども展示されており、両方が時代を追って交互に見れるので飽きることなく鑑賞できます。
風景画は構図・遠近感・建物や木々の細かさetc「なんでこんな絵描けるの?」と唸るばかり。
人物画も「これ写真よりよっぽどリアルやで」と思うほど、肌や服の質感などが伝わってきてスゴイ。
私的にはかなり堪能できたなぁ。行って良かった。
(ちなみにGWということもあって、混むだろうと思い10時の開場と同時に入ったのだが、予想してたよりも人が少なめで結構ゆっくり見ることが出来た。)
兵庫県立美術館では5/22まで。その後6/28~9/19まで東京の国立西洋美術館で
開催されるようなので、興味のある方は足を運んでみて下さい。

そして午後からは神戸ポートピアランドへ。
せっかく神戸に来たのだから何か他にも・・・と思いついたのがここ。
私は10数年ぶりだったのだが、ここってこんなに狭くて乗り物の数が少なかったっけ??
いや、乗り物の少なさだけではない。アトラクションのショボさが半端じゃないのだ。
感想の述べようがないほどテンションの下がるアトラクションなんて初めてやったよな。(笑)>リエツィン
エキスポランドでは大笑いする「-30℃の世界」(ポートピアランドでは「アイスブリザード」)も、想像を絶するショボさ。あれはビックリした。
で、アトラクションはそんな調子やけど、それ以外の部分で笑けるとこがあって、
お化け屋敷の入り口に置いてある人形の写真を撮って爆笑したり、
係員の説明の仕方がオカシくて、その口調をマネして笑ったり。
なんやかんや言いつつ最後に2000発の花火が上がる閉園時間までいました。

ポートピアランドは来年3月に営業終了するのだが、GWだというのに人が少なくてほとんどの乗り物が待ち時間なくすんなり乗れたし、今まで頑張ってきた関係者の方々には悪いが、「そらこれでは他のテーマパークに客を取られるわなぁ。」と思いました。
でも別の意味で笑えたし、ある意味オモロかったな。(笑)
リエツィン、お疲れさんでした!富士急ハイランド調べとくわな~。

こうして「美術館と遊園地」という静と動を満喫し帰宅すると、また当選品が届いていました。(下記の記事参照)

   K姉妹と私       天気は良し!        花火
imo_Kshimai9 imo_Kshimai10 imo_Kshimai11

|

« 懸賞報告7/ウエラ・クリニケア | トップページ | Shall we Dance? »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 懸賞報告7/ウエラ・クリニケア | トップページ | Shall we Dance? »