« 懸賞当選/イッタラ Origo カップ・カタログギフト他 | トップページ | 阪神百貨店 黄老にて集う »

2005.08.15

SUMMER SONIC 2005 大阪 8/14

行ってきましたSUMMER SONIC 2005 大阪2日目(8/14)。
人一倍夏が苦手で体力に自信が無い私は、よほどのバンドが出ない限りこの手のフェスティバルは避けてきたのだが(「いもロックフェスティバル」なくせに)、
今年はその「よほどのバンド」が出るため行くことを決意。
そのバンドとはズボリ!NINE INCH NAILS
2000年1月の初来日公演でトレント・レズナーが「I'll be back. Promise!」と最後に
言って以来2度目の来日。
この機会を逃したらもう次はいつ観れるやら?!

フェス自体は南港WTC横に設置された野外ステージのほかにインテックス大阪内も含め5つの会場に分かれていて、午前中から始まっていたのだが、私が目当てのNINは野外ステージのトリやし、でもBUCKCHERRYも見たいしってことで、オレンジレンジあたりから行くことにしました。
以下、私が見たライヴの感想をザッと書いてみます。

13:05 ORANGE RANGE
オレンジレンジ自体には興味は無いものの、たぶんこういうイベントであの曲調は楽しめるやろなと予想していた。
案の定テレビでよく耳にするシングル曲はノリやすく、SlipKnotのTシャツ着てる兄ちゃんまでノリノリだ(笑)
新曲も披露されたがなかなかハードな曲調でイベントの景気付けにはもってこい。
おそらく日本でのCDセールスの数では今日出演のアーティストの中でもかなり上の方だと思うのだが、「俺ら売れてるから出ないよ」じゃなくて積極的にこういうイベントに出るっていう姿勢がイイよね。
1つ気になったのは、ボーカル3人のうち1人ミスター・ビーンみたいな顔のやつおらへん?「ファー!」とか高音出す男。あれだけちょっとキモイ。
でも全体的には楽しませてもらいました。

45分のステージが終了すると、途端に大勢の観客が外に出て行くではないか。
え~なんで~?次BUCKCHERRYやで~、みんな観ぃひんの~??
すき間が出来たので、真ん中より後ろのブロックの前の方に移動。


14:15 BUCKCHERRY
イエ~イ!祝・再結成!何年も前にMTVで見て、曲の良さが印象に残っていたバンド。
そして何と言ってもVocalの声が良い!
ロックバンド向きの声というか、ボースリストになるべくしてなった人って感じがする。
片足でステップ踏みながらリズムを取るスタイルも健在。
服を脱いでも「長袖着てるのか?」と思うほどの刺青もすごい。
最初私の半径5メートル以内でノリまくってるのは私だけだったが(^^; 曲が進むにつれて周りもだんだんノッてきてイイ感じになりました。
単独で来日したら是非とも行きたいです!!

imo_BUCKCHERRY BUCKCHERRY

45分のステージが終わると今度は先ほどとは逆に、一気に客が押し寄せてきた。
次のバンドは・・・マッドカプセルマーケッツかぁ~、なるほどみんなそれに備えてBUCKCHERRYの間に食事休憩とかしてたんやな。
またたく間に私の周りは野郎どもでいっぱいになった。
いかん、これでは夜まで体力が持たん。というわけでいったん少し後ろに下がる。


15:25 THE MAD CAPSULE MARKETS
彼らはデビューして長いよなぁ。
でも名前だけは知ってはいるものの、曲は全然知らない。もちろんライヴも初めて。
まず始まった途端にすごい歓声。そして周りがみなノリまくるもんやから、私もつられてノリまくる。
マッドカプセルがこんなに人気があるとは知らなんだ。
でもねぇ、ノレることはノレるんやけど、曲は好みじゃない。
途中みんなが大合唱してた曲があったが、メロディがあるのはその曲ぐらいだった。

30分ほど見て、次のDEEP PURPLEに備えて食事を摂るべく、途中で抜け出しインテックスへと向かう。
きつねうどんをかきこんで、再び野外スタジアムに戻る。


16:40 DEEP PURPLE
中学の時にアルバム「Live In Japan」(武道館ライヴ)を買ったが、その時彼らはとうに解散していた。
それから25年後にライヴが見れることになるとは思わなかったが、今回のメンバーには残念ながらリッチー・ブラックモアは入っていない。
正直リッチーがいない時点で興味は半減なのだが、他のメンバーが、
Vo. Ian Gillan
Dr. Ian Paice
Ba. Roger Glover
G. Steve Morse
Key.Don Airey
と聞けばやっぱり見とかなって気になるでしょー。
イアン・ギランなどは1945年生まれの今年60歳ですよ!
赤いチャンチャンコ着る歳ですよ!それでシャウトしてるんやからスゴイっす。
Woman from Tokyo、Strange kind of womanなど今聴くと曲調の古さは否めないが、偉大なるハードロック界の父に敬意を払うように観客の彼らに対する態度は暖かい。
私の隣にいたキリストみたいな顔の外人なんてノリノリだ。
後半Highway Star、Space Truckin'と続く。
Space Truckin'は「Live In Japan」収録のドラムがキョーレツで、それを期待してイアン・ペイスのドラムに集中して耳を傾けたが、さすがに簡単なリズムにアレンジされててちょっと拍子抜け。(^^;
Smoke On The Water、Hushも演奏され、約1時間のステージは終了。
なぜかオープニングから最後まで、それまでのバンドに比べて音がこもってたのが気になった。


18:05 SlipKnot
続いて登場したスリップノット。バンド名と写真こそ見たことあるものの、曲は知らない。
しかし今日はSlipKnot目当ての客も結構いるようだ。
ステージに現れたメンバーは全員怖いマスクをかぶっている。
この暑いのにそんなんかぶって、酸欠ならへんのー?
そして曲が始まったのだが・・・ん~~~コレははっきり言って好みじゃない。
曲調はマッドカプセルに近いというか、メロディもろくに無い暴れ系。
私はハードロックは好きだがハードコアは好きではない。
がなり声は好きだが「がなってるだけ」は好きではない。
客はノリノリだが、私は「これなら(同時刻にインテックス内でやってる)エコー&ザ・バニーメンを見た方がええわ」という思いが頭をよぎる。
2曲目を聴く気にもならんので、Vo.が獅子舞のように髪を降り回す姿を尻目にインテックスに移動。


18:25 ECHO AND THE BUNNYMEN
インテックス内のMOUNTAIN STAGEと呼ばれるホールに入る。
彼らのライヴはすでに17:40にスタートしていたので途中からではあるが、昔からいるバンドなので見てみることにする。
Vo.は確かイアン・マッカロクだよなぁ・・・老けたなぁ~(苦笑)
でも音はイイ。Vo.全然立ち位置から動かへんけど。曲の途中でタバコ吸ってるように見えたけど。
最後に演奏したのは“The Cutter”か?イイ曲だった。

18:45終了。このホールで次に登場するのはDURAN DURAN。
NINと時間帯がかぶるので正直あきらめていたのだが、2曲ぐらい見て移動すればNINに間に合うかも・・・せっかくやし少しでも見たいと思い、ここに留まることにする。
あとから思えばこのセットチェンジの間に隣のホールでやってたIan Brownを観に行けばよかったのだが、私Ian Brownって誰か知らんかったのよ。ジャクソン・ブラウンかと思った。元ストーン・ローゼスのVocalやったあのホンコンみたいな顔した男やったんや。


19:20 DURAN DURAN
予定より10分遅れでDURAN登場。はっきり言って焦った。野外ステージのNIN登場に間に合うのに移動する時間を考えるともうギリギリだった。
しかしDURANに関しては思い入れがあるので、顔を見たらやっぱり嬉しかった。
音もイイし、声もイイ!
気になるのはジョン・テイラーの老け具合だけだ。(あんなに美少年だっただけに)
1曲だけで移動するつもりが、2曲目にHungry like the wolfを演るもんだからその場から離れられなくなって、結局それが終わった19:30にホールを後にする。
移動する私の耳にPlanet Earthらしきイントロが聴こえていた。(ク~ッ!)
DURANは日本では根強い人気があるから、この先また来日することがあるだろう。
その時また観に行けたらと思う。


19:45 NINE INCH NAILS
ついに登場しました、この日一番のお目当てナイン・インチ・ネイルズ!
Vo.のトレント・レズナーが丸刈りにしたのは、前日SUMMER SONICの公式ページに載ってた写真で知ってショックだったのだが、現れた彼の腕の太さを見てさらに愕然とする。
筋肉番付やないねんからっちゅうくらいに筋骨隆々な二の腕。
あんなに細くて手足が長いイメージだったのに、まるで清原やん!
どうしたのトレント様、何があったの~?・・・でも好き☆(どないやねん)

まぁルックスの変化はさておき、1曲目が“Wish”、次に“March of the pigs”と続く。
トレントが激しく動く!
実は最新アルバムの「WITH TEETH」を聴きこんでいない私にとって、知ってる曲からスタートしたのは凄く嬉しかった。
さらには途中で“Closer”、“Terrible lie”も織り交ぜ、そして大好きな“Hurt”のイントロをトレントがキーボードで弾きだした時には鳥肌ものだった。
NINの曲は決してノリやすい曲ばかりではない。むしろノリにくいかも知れない。
マドカプやSlipKnotで暴れに来た連中にとっては物足りなさや戸惑いがあるだろう。
しかし私は見ていて思ったのだが、この日いくつかバンドを見た中ではやはりNINが一番トリにふさわしいスケールのステージだったと思う
ラストはデビューアルバムの1曲目でもある“Head like a hole”。
いや~この曲が聴けるとは思わんかった。しかもラストにもってくるとは!
トレントの顔から汗が流れ落ちていた。最後にはギターやベースが楽器やらなんやら放り投げて、1時間20分のステージが終了。
アンコールがあるかと期待したのに結局ナシで終わってしまったので、「次はいつ会えるかなぁ」と思いながら出口へ向かった。
そうそう、ライヴの途中でトレントが日本語で「おおきに」って言うてた。
いや~ん、カワイイ~、10万出すからうちに泊まりに来てぇ~ん☆(バカ)

imo_NineInchNails NINE INCH NAILSことトレント・レズナー


こうして初のサマソニ参戦は無事に終了しました。
この日あいにくの空模様ではあったが、陽が照らなかった分体力を消耗せずに済んで、何事も無く過ごせました。(途中雨が降ったようだが、私はちょうどインテックス内にいる時だったので免れた)
大阪の会場は来年から場所を移すようなことがサマソニ公式HPに書かれていたけど、どこになるんやろか。
また行くとしたら、今回のNINのように(自分にとって)よほどのバンドが出るときだな。

|

« 懸賞当選/イッタラ Origo カップ・カタログギフト他 | トップページ | 阪神百貨店 黄老にて集う »

nine inch nails」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1380492/35274880

この記事へのトラックバック一覧です: SUMMER SONIC 2005 大阪 8/14:

« 懸賞当選/イッタラ Origo カップ・カタログギフト他 | トップページ | 阪神百貨店 黄老にて集う »