« ドラマ「花より男子」がオモシロくなってきた! | トップページ | 映画「TAKESHIS'」 »

2005.11.07

ORANGE RANGE ライヴin大阪城ホール 11/6

フォフォフォ、ついにオレンジレンジの単独公演に行ってきました。
(LIVE TOUR 005 “NATURAL” 11/6 大阪城ホール)
8月にイベントで彼らのライヴを2度体験し、「これは一度は単独も行っとかな」と思っていたところへタイムリーなツアーの知らせ。
しかし一般発売では即SOLD OUTで手に入らなかったので、
結局オークションでスタンド4列目を定価で入手しました。
imo_orangerange005_2

定刻より10分遅れの17:10にライヴはスタート。
その直後にまず驚いたのは、ライティングが凄く凝ってること。
やっぱ売れてるバンドはステージにも金かけてるわ。
(ジャニーズには負けるけどね(笑))
アップテンポの曲が続き(すまん、曲は分かっても曲名を知らんのだ)、3曲目が終わる頃には「やっぱ来て良かったー!」とほとんどノックアウト状態。
まず(イベントの時に気に入った点でもあるのだが)音がすごく分厚い!
私に言わせればハードロックばりの分厚さ。
いや、ベースの歪み具合なんてハードロックどころじゃないかも。
サポートメンバーのドラムもタイトでカッコイイ音だし。
とにかくこればっかりは生で見ないと伝わらないと思うが、夏のイベント後に初めて見た彼らのプロモビデオの音源(つまりCDの音源?)がカスカスで軽くて愕然だっただけに、生の迫力とのギャップが大きい。
(なので私は彼らのCDは買っていない。ライヴアルバムだったら買いたいけど。)
そしてその迫力のギター・ベース・ドラムの前に立つフロント3人。
「なんでVocalが3人もおんねん」という気も正直あったのだが、
この日の単独公演を観て、3人いることの重要さも理解できた。
(3人とも声のタイプが違うし、フロントに3人いると見た目的にも良い)

それに曲そのものが上手く出来ていて、例えば私は個人的にラップやヒップホップが非常に苦手なのだが、それでも彼らはメロディーや曲の構成が上手いから、それを感じさせない。
中には「ん?この曲とさっきの曲似てるなぁ」というのがいくつかあったことは事実だが(^^; 、それを補って余りある勢いがある。
「TWISTER」という曲ではみんないっせいにタオルを振り回すのだが、
夏のイベントでその光景を目にした私は今回ちゃんとタオルを用意して行き、
ブンブン振り回して来ました!これだけで達成感あり。(笑)

ちなみにイベントでは限られた時間ということもあってアップテンポの曲ばかりだったが、今回は中盤で「花」とかミドルテンポの曲や、ジャズのようなナンバーもありました。
アンコール含め2時間15分のステージ。
「こんな奴らが何で売れてるねん」と思うアーティストが多い中、ORANGE RANGEが売れてるということは素直に「日本もまだまだ捨てたもんじゃないな」と思いました。
バンドのパワーも凄いけど客のパワーも凄いし、私も知らん曲でも腕を振り上げたりノリまくって、帰りには足腰が痛くなってましたわ(笑)
MCを聞いてても、ちゃんと地に足がついてるというか、やさしい感じがするし、
人間的にもエエ子らなんやろうなと思う。
とにかく「生で見ろ!」と。それに尽きます。

imo_orangerange005
尚、お客は98%が女性、それも10代~20歳すぎぐらいの子がほとんどでした。

|

« ドラマ「花より男子」がオモシロくなってきた! | トップページ | 映画「TAKESHIS'」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1380492/35274735

この記事へのトラックバック一覧です: ORANGE RANGE ライヴin大阪城ホール 11/6:

« ドラマ「花より男子」がオモシロくなってきた! | トップページ | 映画「TAKESHIS'」 »