« 映画「Mr.&Mrs.スミス」 | トップページ | 神戸ルミナリエ »

2005.12.17

アムステルダム国立美術館展

リエツィンと兵庫県立美術館で開催中の「アムステルダム国立美術館展」を観に行った。

フェルメールやレンブラントの他にも絵画や銀製品など90点以上にも及ぶ作品が展示されていて、とても見ごたえがありました。
ほとんどが17世紀(1,600年代)の作品だが、人物画・風景画・静物画いずれもため息が出るほどリアルで素晴らしい。
そういえば4月に同美術館で観た「ドレスデン国立美術館展」の時も思ったけど、肌や服の質感がすっごい伝わってくるんよ。
触りたくなるような(あるいは触ったかのような)感覚。
写真よりもCGよりもよっぽどリアルで圧巻。
この時代の絵画を観たことがないという人がいたら、是非観て欲しいなぁ。
(ちなみに午後2時頃に入館したけど、思ったより人が少なめで、割と余裕で観覧できました。)

imo_amsterdam1 1/15(日)まで開催

そして今日は同館内の「コレクション展」(神戸にゆかりのある日本人画家などの作品が展示されている)も観覧。
ヨーロッパ絵画に負けぬほどリアルな人物画とかもあってなかなか良かったのだが、それとは別に「動物ひょうきん属大図鑑」という特集展示もあり、それがちょっとフガフガものでした。

3時間半ほど観覧した後、三宮へ移動し「お好み焼き・鉄板焼多田」で夕食。
“神戸牛ステーキセット”(写真)は1,300円というリーズナブルな値段で味もおいしかった。が、いかんせん“ステーキ”というには肉が薄い。
めっちゃお腹すいてたせいもあるけど2人して「もう一皿食べれるよなぁ」と言うくらい量が少なかったので、男性なら尚更これだけでは足らないのでは?
imo_tada

そして向かった先は、ルミナリエ!
そのレポはまた後日。

|

« 映画「Mr.&Mrs.スミス」 | トップページ | 神戸ルミナリエ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1380492/35274663

この記事へのトラックバック一覧です: アムステルダム国立美術館展:

« 映画「Mr.&Mrs.スミス」 | トップページ | 神戸ルミナリエ »