« 京都 東寺 | トップページ | 映画「北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」 »

2006.03.07

京都 金閣寺

imo_kinkakuji1

(前回の続き)
3/1(水)、Wちゃんと午前中に東寺を拝観し、そのあと徒歩でJR京都駅へ戻り昼食をとったのち金閣寺へ向かいました。
前日に金閣寺への行き方をネットで調べたのですが、どーやら私は頭では「金閣寺」と思いながら別のお寺のHPを見ていたようで(恥)、バスで5分程度だと思っていたのに実際には30分もかかって焦りました。
到着後はとりあえず帰りのバスの時間を確かめて、「Wちゃんごめん、私勘違いしてたわー。見学する時間が1時間ぐらいしかないから早足になっちゃうけど・・・」と言いつつ入り口に向かったのだが、まさかその後時間が余ることになろうとは思ってもみなかった(笑)

雨は相変わらず降り続いていたが、参拝客は明らかに東寺よりも多い。
やはりそれだけ金閣寺は有名ということか。
ちなみに正しくは「鹿苑寺」(ろくおんじ)と言い、臨済宗相国寺派の禅寺です。

参拝料400円を払い、お札のようなチケットをもらって中へ。
ほどなく池の中に立つ金閣寺が見える場所にたどり着きます。
まずは皆ここで写真を撮りまくり。
屋根の上に鳳凰が見えます。

imo_kinkakuji2 この写真じゃ鳳凰が分からん(^^;

ちなみに金閣寺は昭和25年に大学生による放火で全焼している。
(つまり今建っているのはその後再建されたもの)
残念ながら中には入れないのだが、うちの父親が小学生のときに遠足で訪れたときには中に入れたらしい。
しかもそのとき同級生が縁側から池に向かって立小便をしてお坊さんに怒られたらしい(爆)
何十年か経って同窓会をしたときに、その人は「金閣寺で立小便をした××くん」と周りの皆からそのことをまだ言われていたとか(笑)

で、写真を撮ったあと池の反対側へ進むと、金閣寺はこのようになっていて、
↓↓↓

imo_kinkakuji3 imo_kinkakuji4

建物の横から何やら突き出しているのが分かる。(右の写真)
その真下に船が見えることから、「これは船着場か?ここから船に乗って池を優雅にまわったのだろうか」とWちゃんと話していたのだが、実際のところはどうなのだろうか。

このあとは庭園のような道を通って出口へ向かう。
東寺のように仏像が見れたりするわけではないから、入り口から出口まで30分程度で終わってしまう。
バスの往復に1時間、参拝時間30分、、、私の地理感覚ミスであったが、金閣寺に行かれる方は金閣寺だけを見るのではなくこの近辺の寺院や散策も含めたプランで行かれると良いかと思います。
帰りのバスの時間までまだ余裕があるので、出口付近にあるお土産さんで色々見て楽しみました。

ちなみにこの日のお昼はJR京都駅1階のレストラン街で食べたのですが、
お店の名前を忘れちゃいましたが650円でハンバーグ・卵・サラダ・味噌汁・ご飯のランチで、おいしかったです。

imo_kyoto_lunch20060301

Wちゃん、2日間楽しかったです♪
色々連れ回してしまったので疲れたと思うけどゴメンねー。
また大阪に来られる際には懲りずに遊んで下さい。
今度は奈良見物って手もあるよ(^-^)


◆金閣・鹿苑寺◆

参拝時間  午前9:00 ~ 午後5:00
参拝志納料
大人・高校生400円 小・中学生300円
交通機関  市バス「金閣寺道」下車


*******************************
さて今日は前回の映画記事で予告していた「クラッシュ」を観に行きました。
他用でこの先なかなか行けそうにないので今日にしたのですが、
よりによってアカデミー賞発表の翌日でタイミングが悪かった。。
レディースデーでも土日でもないのに満席で、一番前で見るハメに(爆)
それから「北斗の拳」の試写会にも行ったし、明日は「南極物語」の試写会があるので、次回よりその3作品の記事を順次UPしていきます。

|

« 京都 東寺 | トップページ | 映画「北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1380492/35274483

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 金閣寺:

« 京都 東寺 | トップページ | 映画「北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」 »