« 吉井和哉 ライヴ at 大阪城ホール 2006.2.28 | トップページ | 京都 金閣寺 »

2006.03.05

京都 東寺

吉井和哉の大阪城ホールライヴの翌日、Wちゃんと京都観光に出かけました。
昨年6月には清水寺と三十三間堂に行ったので、今回は別のところをと思い私が勝手に候補に挙げたのが五重塔で有名な東寺と金閣寺。
どちらも学生時代の遠足で行って以来??かどうかも記憶に無いほど久しぶり。
朝9時半に新大阪駅で待ち合わせて新快速で京都へ。
この日は朝からあいにくの雨でしたが、東寺へは京都駅西口から徒歩15分程度なので歩いて行くことに。

imo_touji1 慶賀門

東寺の正式な名前は<教王護国寺>で、真言宗のお寺です。 
「金堂」と呼ばれる建物の中には薬師如来坐像と日光、月光菩薩像などがあり、「講堂」と呼ばれる建物の中には大日如来や不動明王などの仏像が弘法大師の密教の教えを表現する立体曼荼羅として安置されています。
中は撮影やスケッチなどが禁止されていますので写真はありませんが、いずれも見ごたえがありました。オススメです。
平日のせいか人もまばらでゆっくり拝観することが出来ました。

imo_touji5 imo_touji6 パンフレットより

そして有名な五重塔は、日本の古塔の中では最高・最大で国宝です。
何度か落雷などによる火災で焼失しており、現在の塔は1644年に徳川家光の発願により再建されたもの。
遠くから見ても黒いけど、近くから見てもやっぱり黒いんよね。
迫力があります。
(中には入れませんでしたが、特別公開の時に中に入れることもあるそうです)

imo_touji2

imo_touji3 imo_touji4 塔の1階部分


ちなみにここのお土産店で売っている「東寺あぶらとりがみ」は有名で、
「よーじや」と並ぶ人気のあぶらとり紙です。
数年前「ガチンコ」でTOKIOが全員で京都旅行した際に城島が買ってましたね(笑)

東寺を出たらちょうどお昼でお腹も空いてきたので、ランチをしてから金閣寺に向かおうということになり、いったん京都駅に戻りました。
というわけで金閣寺のレポはまた後日。

◆真言宗総本山 東寺 <教王護国寺>◆
拝観時間:
3/20~9/19 午前8時30分~午後5時30分
9/20~3/19 午前8時30分~午後4時30分
拝観料: 500円
JR京都駅・西口より徒歩15分

宝物館特別公開
春季 3/20~5/25
秋季 9/20~11/25

|

« 吉井和哉 ライヴ at 大阪城ホール 2006.2.28 | トップページ | 京都 金閣寺 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1380492/35274490

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 東寺:

« 吉井和哉 ライヴ at 大阪城ホール 2006.2.28 | トップページ | 京都 金閣寺 »