« タニタ・インナースキャンBC-611購入 | トップページ | 映画「カーズ」 »

2006.07.03

映画「メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー」

Imo_metal

映画『METAL A HEADBANGER'S JOURNEY』の試写会に行った。
「ヘヴィメタルはなぜ嫌われるのか? “鋼鉄の音”と呼ばれたルーツが、今明かされる!」・・・ヘヴィメタル好きの監督サム・ダンが、L.A、イギリス、果てはノルウェーまでメタルの歴史を追って旅をする。

作品はいきなりIRON MAIDENの『Number of the Beast』で幕を開ける。
うぉー、久々に聴くメイデン!血が騒ぐぜー!!(笑)
どうやらこの監督がメタルを聞き始めたのがこの頃だったらしくて、メイデンに対しては思い入れがあるようだ。
じゃぁ私より少し年下なのかなと思ったら、30歳やて。だいぶ下やん(苦笑)

「最初のヘヴィメタル・バンドは何か?」「メタルのルーツとなる音楽は何か?」というルーツから、「メタルとファン」、「暴力とセクシャリティ」、「ファッション」、「宗教と悪魔崇拝」etc色々な視点からメタルの歴史を探るといった感じで、メタルファンとしては興味深かった。

何と言っても色んなミュージシャンのインタビューが出てくるのが貴重やなぁ。
RUSHのゲディ・リー、BLACK SABBATHのトニー・アイオミ、MOTORHEADのレミー、アリス・クーパー、ロブ・ゾンビ、MOTLEY CRUEのヴィンス・ニール、SlipKnotなどなど、彼らが真面目に語る姿なんてあんまり見たことないもんな。
トニー・アイオミなんて「どっかの教授か?」と思うほど知的で落ち着いた人で、昔のサタニックのイメージとはほど遠くてビックリしたわ。

しかしなんと言っても特に嬉しかったのは、メイデンのブルース・ディッキンソンとTWISTED SISTERのディー・スナイダーのインタビュー。
もうどちらも私は20年近くぶりに見たが、ブルース・ディッキンソンは髪が短くなっているものの顔はほとんど昔と変わらんのねー。
ってか昔より今の方がイイんちゃう?
比較的最近のライヴと思われる映像が出てきましたが、声に衰えもなく、めっちゃライヴが見たくなりましたわ。

あとトゥイステッド・シスターのディー・スナイダーと言えば
↓↓↓

Imo_twisted_sister

これよねー!
当時洋楽を聴いてた人なら『We're Not Gonna Take It』や『I Wanna Rock』の曲とプロモ・ビデオは覚えてると思う。
私はアルバムも買ったし来日公演にも行きました。ハイ。(笑)
この人、その奇天烈な見た目とは違い実際はとても頭の良い人だというのを当時聞いたことがあったが、今回インタビューを見て「本当に普通の人なんだな」と改めて思いました。

それから「ヘヴィメタル界の北島三郎」ことロニー・ジェイムス・ディオのインタビューも多く出てきますが、この人ってほんま背ぇ低いな(爆)
いや、低いとは聞いてたけど想像以上に小さいわ。猫ひろし並み?
でも歌は上手いでーマジで。

Imo_dio ち~らし~♪

あ、Dioといえばちょっと苦い思い出があってね。
昔Dioが来日するってんで、友達と3人でプロモーターの音楽舎にチケット代金を送ったのだが、来日公演の前にその音楽舎が倒産しちゃったのよ。
「なんとか返金できるようにします」的な封書が届いたけど、結局それっきり。
チケット代は戻ってこなかった。
あとで新聞や雑誌の報道を見ると、音楽舎は以前より自転車操業を続けていたらしいのだが、その頃は今みたいにネットとか無いから、全国の被害者が連絡を取り合うすべもなく(悔)
当時来日したHR/HM系のバンドは大抵観に行ったけど、そんなわけでロニー・ジェイムス・ディオだけは生で観てないのだ。

伝説のグルーピー・パメラのインタビューもある。
名前だけは聞いていたが、喋ってる姿は初めて見たなぁ。
もうおばあさんといってもよいほどの年やけど。

この映画の中で印象的だったのは、HMファンの女の子が
「ヘヴィメタルのファンは自分の意見を持っている。友達が聴いているから聴くとか、流行ってるから聴くとか、そういうことが無い。自分の好きな音楽に信念を持っているから」
というようなことを語っていたこと。
ブルース・ディッキンソンも語っていたが、「あの頃は若気の至りだったとか、もう卒業しなきゃとか、そんなことを思うことがない」。
その通りだ。
よく「若いときはロック聴いてたけど、30過ぎたらもっと落ち着いたのを聴かなきゃ」とか「アイドル好きなんて卒業しなきゃ」とか言う人がいるが、そんなこと言うのは自分の好きなものに誇りを持ってなかった証拠。
つまりそういう人は元々それらが好きではなかったのだ。
「身近な誰かの影響で一時的にハマってただけ」ってやつね。
本当に好きなら「卒業しなきゃ」なんて思わないよ。
好きなものに卒業なんてないでしょ。
学校じゃないんやから。一時的なもんじゃないんやからね。


というわけで、5段階評価で表す場合、
私の評価は ★★★★ (4つ)
たぶんHM/HR好きな人しか観に行かんやろうと思うけど、私と同年代のHR/HMファンには懐かしく興味深いと思う。
1つ注文つけるとしたら、この監督がブサイクなんだよなぁ(笑)
もっと男前やったらよかったのに。
(6/30 テアトル梅田での試写会にて鑑賞)


◆メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー◆公式HP
原題:METAL A HEADBANGER'S JOURNEY
監督:サム・ダン
出演:サム・ダン、トニー・アイオミ、アリス・クーパー、ロブ・ゾンビ他多数
上映時間: 1時間36分
東京ては6月24日より上映中
大阪ではテアトル梅田にて7月8日(土)よりレイトショー
(その他の上映劇場についてはこちらを参照しして下さい)

次回の映画記事は『カーズ』

|

« タニタ・インナースキャンBC-611購入 | トップページ | 映画「カーズ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1380492/35274378

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー」 :

« タニタ・インナースキャンBC-611購入 | トップページ | 映画「カーズ」 »