« 映画「グエムル 漢江の怪物」 | トップページ | 上方落語協会「彦八まつり」 »

2006.09.02

プラド美術館展 at 大阪市立美術館

Imo_prado1

天王寺の大阪市立美術館で開催されている「プラド美術館展」に行ってきた。
以前スペイン旅行した際にプラド美術館を訪れ、絵画の素晴らしさに魅了されて以来、日本(関西)で気になる絵画展があるときはなるべく足を運ぶようにしているのだが、今回「プラド美術館展」が大阪で開催されることは2年くらい前に新聞で知ってからずっと楽しみにしていました。

8月26日(土)、おそらく土日は混むだろうという予想のもと、開館時間の9時30分に入れるようK姉妹とJR天王寺駅で待ち合わせして向かいました。
※中は撮影禁止ですので、作品の写真は同展のチラシに載っていたものを掲載しています。

プラド美術館・・・スペインのマドリッドにある世界でも有名な美術館。
7千点を越えるといわれる所蔵作品の中から今回日本で展示されるのは、ティツィアーノ、エル・グレコ、ルーベンス、ベラスケス、ムリーリョ、ゴヤなど52作家81点の名画。
絵画に興味の無い人でもエル・グレコの名前は聞いたことがあったり、ルーベンスといえば「フランダースの犬」を思い出す人も多いのではないだろうか。

上の写真はベラスケスの『道化ディエゴ・デ・アセド、“エル・プリモ”』という作品。
ベラスケスは「世界三大名画」と呼ばれる絵の1つを描いた画家でもあります。
ここでご存じない方のために“世界三大名画”とは、
・レンブラント『夜警』 オランダ・アムステルダム国立美術館所蔵
・ベラスケス『ラス・メニーナス(女官たち)』 スベイン・プラド美術館所蔵 
・エル・グレコ『オルガス伯の埋葬』 スペイン・トレド・サントトメ教会所蔵
の3作品と言われています。
ベラスケスとエル・グレコの作品はスペインで実際に観ました。
レンブラントの『夜警』もいつか観れるとええんやけど。

さて話はプラド美術館展に戻って、下の写真はティツィアーノの『アモールと音楽にくつろぐヴィーナス(ヴィーナスとオルガン奏者)』ですが、
↓↓↓

Imo_prado2

↓↓↓

Imo_prado9


左のオルガン奏者の男の目線が、どーもヴィーナスの股間あたりにいってるような気がするのは私だけでしょうか。
「オルガン弾かんと、どこ見とんねん!」と思わずツッコミを入れたくなるような。
っちゅうかこの頃の絵画って全裸の女性も多いのだが、腹がポッコリ出てわき腹の肉がたるむくらい“ふくよか”な体型のわりにはどーも乳が小さいんだよな。
(←自分のことは棚にあげ発言)

さてお次はエル・グレコの『十字架を抱くキリスト』。
エル・グレコの作品は顔が少女マンガちっくで特徴的だと思う。

Imo_prado4

ちなみに下は実際にスペインのプラド美術館に行ったときにエル・グレコの『受胎告知』の前で写したもの。
本家はフラッシュをたかなければ写真撮影OKでした。

Imo_prado5

人物画もすばらしいが、花や果物の静止画も唸るほどスゴイ。
こちらはメレンデスの『風景の中の西瓜と林檎』。
立体感と色が、まるで本物のようでした。
↓↓↓

Imo_prado3

最後にはゴヤの作品が7点ほど並びます。
ゴヤといえば『黒い絵』シリーズを思い浮かべますが、今回はさすがに黒い絵は来てないものの、作品によってすごく違った印象を与えるゴヤはやはりすごいです。

他にもバッサーノの『ノアの箱船に乗り込む動物たち』、スルバランの『ポテゴン』もリアルだし、作者と作品名を忘れてしまったけど人々が楽しそうにスキップしながらダンスしてる風景を描いた作品も印象的でした。

これだけの巨匠の絵画を一同に観れる機会はそうそう無いと思うので、興味のある方は是非足を運んでみて下さい。
大阪市立美術館では10月15日(日)まで開催しています。

あ、そうそう、こんな絵もあったのよ。
(中が撮影禁止なので写せなかったものの、美術館のロビーに巨大垂れ幕があったのでそれを撮影)
↓↓↓
Imo_prado10 ティツィアーノ作 『皇帝カール5世と猟犬』

なにもそんなに誇らしげに、
↓↓↓
Imo_prado11 「どうだい、俺のココ。」

とばかりに指をささなくても・・・。


◆プラド美術館展◆HPはこちら
大阪市立美術館 7月15日~10月15日まで開催
休館日:月曜日(祝日の場合は、翌火曜日)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
夜間開館:7月~9月の毎週土曜日は19:00閉館
       (入館は18:30まで)
観覧料:一般1,500円(前売り1,300円)、高大生1,1100円(前売り900円)


鑑賞後はランチターイム!
天王寺あべちかB2Fの「CAFE DINING SA-KU-RA」へ。
値段によってパスタや丼物、デザートなど数パターンの組み合わせが出来るランチメニューがありましたが、3人とも900円のスィーツセットを注文。
私はサーモンの丼にしました。
これは量が普通やったけど、リエツィンが注文したパスタが「一口サイズ?」ってくらい少なくてビックリしたなぁ。
7月にオープンしたばかりの新しいお店のようで、大きな画面で外タレのPVが流れていたりオシャレな感じで雰囲気は良かったですよ。
食事をした人は無料でインターネットが利用できるとのことで、パソコンが数台置いてあるコーナーもありました。
尚、ぐるなびに載ってる同店の情報はこちら。←クーポンもあります。

Imo_prado6 Imo_prado7 3人のデザート

そのあと服などをブラブラ見て、夕方にお茶をするため入ったお店が天王寺MIO・10階のベーカリーレストラン「BAQET」。
サンマルクがプロデュースしたお店で、ヨドバシ梅田にもあるみたいやね。
パンとドリンク食べ放題714円でした。
実は私、パンが大の苦手なのだが、ここのパンは小さめで焼きたてもあっておいしかったです。

Imo_prado8

|

« 映画「グエムル 漢江の怪物」 | トップページ | 上方落語協会「彦八まつり」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1380492/35274294

この記事へのトラックバック一覧です: プラド美術館展 at 大阪市立美術館:

« 映画「グエムル 漢江の怪物」 | トップページ | 上方落語協会「彦八まつり」 »