« 映画「フラガール」 | トップページ | ルーヴル美術館展 at 京都市美術館 と周辺散策 »

2006.10.02

一澤信三郎帆布に行った/京都

Imo_ichizawa_shinzaburo1

京都の友人ツッチーと久々の再会。
京都市美術館で開催中の「ルーヴル美術館展」の鑑賞をはさんで、周辺を色々と案内してもらいました。
まず向かったのは「一澤信三郎帆布」のお店。

「一澤帆布」のカバンはとても有名なのでご存知の方も多いと思うが、相続をめぐるトラブルがあったそうで(こちら)、一澤帆布のお店は営業休止中。(9/29現在)追記:10/16より一澤帆布が営業再開する旨発表がありました。ニュースや新聞・ワイドショーでも大きく取り上げられていてスゴイですね。
そして三男の信三郎氏が一澤帆布の斜め向かいに店舗を構え2006年4月より営業を開始したのが「一澤信三郎帆布」(イチザワシンザブロウハンプ)である。
今のところネット通販は行なっていないため店舗で購入するしかなく、連日大盛況で売り切れる日も多いと聞いたので、早い時間に行くことにしました。

9/29(金)朝9時半に河原町駅で待ち合わせ。
お店に着いたのは10時頃。
ウワサに聞いてた「店の前の行列」はなかったものの、店内はすでにお客さんでいっぱいでした。
(10分後ぐらいにはいったん入場規制していたようです)
この時点ではまだ品数も豊富でした。

せっかくなので記念に?購入したのがこちら。
↓↓↓

Imo_ichizawa_shinzaburo2 差し込み錠付きショルダーバッグ

実は事前にお店の公式HPで調べて、これのベージュが欲しかったんやけど、あいにく白・黒・赤・黄の4色しかなく(他の色は売り切れたのかと思ったけど、どうやらこの日は最初からこの4色しか置いてなかった様子?)、ツッチーにもお見立てしてもらって白を買いました。
ちなみにショルダーバンドは他の色と交換可能で、迷った挙句「青ねず」という色にしました。

HPに載ってる以外のかばんも沢山ありましたが、大きなものでも作りがしっかりしていてメチャ軽いのには驚きました。
お金があれば他のも欲しいねんけどなぁ。。

ちなみに土曜日や祝日は並んで入店する覚悟が必要かと思われます。
(日曜日は定休日)
営業時間は朝9時より午後6時までですが、営業時間内でも売切れ次第閉店するそうですので、曜日にかかわらず早めに行くほうが良さそうです。
尚、お店での購入は、ひとり2点まで(柄物はひとり1点)とのこと。

30分ほどでお店を後にして次に「ルーヴル美術館展」に向かいました。
(ルーヴル美術館展と周辺散策の記事はこちら

|

« 映画「フラガール」 | トップページ | ルーヴル美術館展 at 京都市美術館 と周辺散策 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1380492/35274253

この記事へのトラックバック一覧です: 一澤信三郎帆布に行った/京都:

« 映画「フラガール」 | トップページ | ルーヴル美術館展 at 京都市美術館 と周辺散策 »