« 急げ!ただいま貸出し中 | トップページ | ビストロフレンチ 「カフェ コロニアルクラブ」/ハービスPLAZA ENT »

2007.11.24

エキスポランド「イースター島モアイ」のナイスな土産物

Imo_expo0711_4

11月17日(土) エキスポランドの招待券が当たって行ってきた。
そこでツボにハマる土産物を発見!(笑)

この日と翌18日の両日は、隣接する万博記念公園が「無料デー」となっており、まずはそちらへ入場。
太陽の塔の前では「よさこいダンス」?のコンテストが行なわれていたり、
公園内の『国立民族学博物館』もこの日は無料だったので、見てきました。
考えたらちょうど1年前の無料デーにも行ったんやわ。
そのときも「よさこいダンス」やってたし、民族学博物館にも入ったなぁ。
万博公園と民族学博物館についての写真と記事は'06年のこちらの記事をご覧ください。

ちなみに今年は公園内のあちこちで特製クリアファイル(2種類)を無料配布していたので、しっかりいただいて来ました(^^)

朝11時頃から午後3時頃まで公園でブラブラしたあと、エキスポランドへ。

Imo_expo0711_1

「世界遺産 チリ・イースター島 モアイ」という催しが10/24~1/14まで開催中で、いただいた招待券でも入れたので中へ。

薄暗い館内に、本物のモアイ像を1体、デーン!と展示してあります。

Imo_expo0711_2

この写真を見て、「あれ?モアイって目が書いてあったっけ?」と思う人も多いと思うけど、モアイ像には魂を入れるために元々このように目が書いてあるのが本当やねんて。。
しかしその後種族間の争いなどによって、次に主導権を握った種族が、前の種族が信仰した神の魂を抜くために、目の部分をくり抜いてしまったらしい。
だから現在私たちがテレビや雑誌で目にするモアイ像は目の部分がくぼんでるんやね。

ちなみにこのモアイ像の背中には動物の絵などが描かれていました。
モアイを後ろから見ることなんてまず無いことやと思うので、そういう意味では貴重やね。
(後ろからも写真を撮ったんやけど、館内が暗くてピンボケしてしまってたので、載せれなくて残念。)

ほかにもイースター島に住んでいた原住民や島の歴史についての文章が展示してあって勉強になりました。

そしてタイトルにも書いた「ナイスな土産物」がこちら。
↓↓↓

Imo_expo0711_3

モアイ展の出口付近のグッズ売り場で売ってたんやけど、ティッシュケースになってて、ティッシュがモアイの鼻から出てるねん。
これぞまさに「鼻紙」。(笑)
私的にはかなりツボだったので、ウケ狙いで欲しかってんけどなー。
なんせお値段が5千いくらかで、手が出ませんでしたわ。(爆)
(似たような千円台のも売ってたけど。)

ちなみにエキスポに行くのは5月のあの痛ましい事故のあと初めてで、ある程度「客の少なさ」は予想してたけど・・・想像以上に少なかったです。。

|

« 急げ!ただいま貸出し中 | トップページ | ビストロフレンチ 「カフェ コロニアルクラブ」/ハービスPLAZA ENT »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 急げ!ただいま貸出し中 | トップページ | ビストロフレンチ 「カフェ コロニアルクラブ」/ハービスPLAZA ENT »