« 銀座あけぼの 満月(胡麻せんべい) | トップページ | 映画「ホームレス中学生」 »

2008.10.23

上田現トリビュートライブ On The Road

Imo_gen_tribute

私に多大なる影響を与えた男、上田現の追悼ライブに行ってきた。
(10月22日 大阪NHKホール)

私の友人たちは皆知ってることやけど、
元レピッシュのキーボード兼サックスプレーヤーであり、
元ちとせの『ワダツミの木』の作詞作曲プロデュースなども手掛けた
現さんが亡くなってから7ヶ月が経つ。

9月にはアルバム『SIRIUS ~Tribute to Ueda Gen~』が発売され、
今回東京と大阪でトリビュートライブが開催された。

現さんがソロになってからライヴ映像が大画面に映し出され、
そのあと、ソロ活動を共にしていたELE(イレ)のメンバーの演奏が始まった。
2曲目にはマグミが登場して、私の好きな『一日の終わりに』、
次にギターの人が歌う『森の掟』。(これが素晴しかった)

ピアノの人の演奏が少しあって、余韻に浸っていると、
そこに静寂を撃ち破るギターの音とシルエットが!

こ、この男は!日本一テレキャスの似合う男!

狂市キターーーーーーーーーsign03

昨年のレピッシュ20周年ライヴのときにも思ったけど、
この人は昔とほとんど変わってない。
いや、変わってないどころか、昔より確実にカッコ良くなってる!!

ドキドキドキドキheart04

弾き方も相変わらずカッケーーーーーhappy02

ズドンbomb

イエモンのEMMAちゅわん以来撃ち抜かれて、目が完全にlovely lovely lovely

正直、狂市とマグミはレピッシュデビュー当時はかなりファンに冷たくて、
私はあまり良くは思ってなかってんけど、
イイふうに年を取ったというか、自然とイイ笑顔が出てて
もっすごエエ男になったな~good

マグミも人間が丸くなって、冗談もほど良い感じで(笑)
(ちなみにマグミは歯槽膿漏で顔が腫れていたもよう。
いつもなら「現ちゃんの呪い」と言ってたけど、この日は「現ちゃんのいたずら」
と言ってました(笑))

レピッシュとしては、『プレゼント』、『おやすみ』、『28歳』、『水溶性』、
『爆裂レインコート』、『ハーメルン』を演奏。
(ごめん、抜けてるのがあるかもしれん)
『ハーメルン』では雪好が登場して、凄く大きな歓声を浴びていましたshine

キーボードのパートにはあえて誰も入れずに、
キーボード抜きで演奏していました。
そこはやっぱり現さんが弾いてるってことやもんねscissors

トルビュートアルバムでは奥田民生が『プレゼント』をカバーしてるんやね。
(実はまだ買ってなくて、近々買う予定)
民生曰く「自分の曲にしたいくらいこの曲は好きです」とのこと。
私もこの曲は、上田現の曲の中でも名曲中の名曲だと思う。


ねじまがった僕や こわれた僕も
全部そのまま 配る

この5本の指も 目も音も声も
想像も妄想も あげる

もらう方にも 勇気がいるだろう
だめな だめな プレゼント


あのとき、おときともここで語ったが、
現さんのエキセントリックなパフォーマンスは、照れの裏返しだったと思う。
この曲にもそんな照れの裏返しが溢れてるよね?

次に登場したのが川村結花
失礼ながら今回初めて拝見した方だが、
『野球少年』のピアノの間の取り方が、現さんが弾いてるのかと思うほど絶妙で、
そして彼女の歌った『ラルゴ』はこの日一番の鳥肌モノだった。

「うわ~、むっさエエわ~」
と思いながら、横にいるヤマちゃんを見ると・・・あれ?
人がこんなに感動してるのに、もしかして寝てるsign02

曲が終わってやまちゃんが一言、
「白目全開になってた」
ってやっぱり寝てたんかい!happy02

次にステージに登場したのは元ちとせ
デビュー曲『ワダツミの木』と、デビューアルバムを手掛けたのは現さんだった。

私はこの人のような「声をひっくり返して歌う人」が苦手で、
当時チラッと聴いただけで「ダメだ」と思って、
まともに聴こうともせえへんかってんけど、
現さんの告別式で彼女がこの曲を歌うのを聴いて
「こんなに現さんテイストが詰まった曲やのに、
なんでいままでこの曲の良さに気付かんかってんやろ?」

と後悔したものです。

現さんが作ったという『カッシーニ』
(やまちゃん、『カシューナッツ』じゃなかったわ(笑))も
歌詞がすっごく温かくて、現さんの愛を感じる歌やったなぁ。
(元ちとせは『コリアンドル』も歌いました。)

アンコールの最後は、現さんがソロライヴで必ず演奏していたという
『Happy Birthday』を出演者全員で演奏。

全3時間が短く感じられる、いいライヴやったな。
途中で現さんの照れた笑顔の写真が大写しになって、
生前使っていたキーボードがステージ上に置かれたときには
さすがにウルウル来たけど。
(キーボードに貼られた「上田現」の文字の両脇に
阪神タイガースのマークが書かれていたのがサイコーhappy01

でもELEのギターの人がMCのときに、
急に「チクショー!」と言って髪をかきむしったけど、
あの場にいたほとんどの人がそれと同じ思いなんちゃうかな?

私も現さんがいなくなったことは未だに信じたくないし、
世の中クソ死ねばいいヤツが山ほどおるのに
なんで現さんが死ななあかんの?
あり得へん!
あんなに愛すべき人やのに!!って。

だからライヴの最中も現実じゃないような感覚があって。

帰りにヤマちゃんとお茶しながら喋ってて、バカ話に花が咲いて、
「俺の女、狂ってます」に死ぬほど笑ったりして。
(あの瞬間、やまちゃんは間違いなく日本で一番オモロかったと思うhappy02

で、今日。
現さんのソロアルバムを聴きながら、杉本恭一Diaryの
現さんが亡くなったときの記事を読んでたら・・・あはは、やっぱダメだsweat01
昨日は泣かなかったのに、涙出てきたcrying

ハァー・・・
また会いたいなぁ、現さん weep


P.S
やまちゃん、良い席を取ってくれて、ご一緒してくれてホンマ有難うな~!
感謝しますwink
あの京都の一夜の翌日にそんなエピソードがあったとは衝撃やったけど、
どれもこれも良き思い出ってことで。(良かないか)
来月会うときはモヒカンで行くから覚悟しとけよ!!!ぴた~んheart

|

« 銀座あけぼの 満月(胡麻せんべい) | トップページ | 映画「ホームレス中学生」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀座あけぼの 満月(胡麻せんべい) | トップページ | 映画「ホームレス中学生」 »