« 中山功太ベストネタ単独ライブ「オオサカ ファンテスティック ベスト コンサート | トップページ | きみはサザエのつぼ焼きを食べられるか »

2009.06.17

うずしお観光!鳴門の渦潮観潮船『咸臨丸』

6月9日(火) うず潮を見るためだけに日帰りで淡路島に行ってきました。

うんやー、オモロかったーhappy01

写真とレポはこちら↓↓↓

『鳴門の渦潮』というけど、うずしおを見るための船って、
徳島県側(鳴門)と淡路島側(福良港など)からいくつか出てるねんな。

鳴門側からは15人乗りでうずしおに突入していく船もあるらしく、
スリルが味わえそうでかなりそそられたのだが、
今回は日帰りのため時間的なことも考えて調べた結果、
福良港から出ている大型観潮船『咸臨丸』に乗ることにした。

JR大阪駅から高速バスで片道2時間半。
淡路島のほぼ最南に位置する福良(ふくら)に到着すると、
バス停の目の前に『うずしおドーム(なないろ館)』が。


Imo_uzu1


1階に観潮船のチケット売場やお土産売場、2階に食堂などがあり、
食堂はちょっと覗いたら、かなりお客さんが入ってました。
(ちょうど昼食の時間帯やったし)

展望台もあったらしいねんけど、気付かんかってさー(。>0<。)
行けばよかったわsweat01

さて、渦潮を見るにはまず、その日一番うずが発生する時間帯を調べるところから始めるねんな。
一日のうち発生しやすい時間帯というのが毎日変わるし、
日によってはほとんど期待できない日もあるねん。

そこで潮見表というのがあるので、
まずそれを見てから計画を立てましょう。
一番見える時間帯は二重丸で表記されています。

この港から出ている観光船は『咸臨丸』と『日本丸』の二隻。
通常は咸臨丸(500人乗り)がメインやけど、
土日祝のお客が多い日や団体客のある日などは、
日本丸(700人乗り)も臨時便として出しているみたいです。
(私が行った日は平日やけど、両方運航してました。)
どちらも1時間のクルーズです。

この日は12時42分が渦潮の発生するベストタイムだったため、
12時10分発の咸臨丸に乗船。


Imo_uzu2
3本マストのニクイ奴


船は三層になっていて、一番上はデッキ、真ん中は椅子と窓のある客室、
一番下は資料室になってます。

この日は曇り空で、カンカン照りではなかったので、最初からデッキに出ました。


Imo_uzu3 大鳴門橋に近づいてきたでーship


なぜかこの大鳴門橋の真下のあたりにだけ渦潮が発生するねんな。
水の流れが急になってきて、水面が段差というか坂のようになってて、
「なんちゅう不思議な光景や」と思っていたら・・・


Imo_uzu4 うずしおキタ━━(゚∀゚)━━!!


Imo_uzu5 おぉーーーっtyphoontyphoontyphoon


間近に見る自然の驚異。すんごい迫力でしたeye
携帯で写真撮ったりデジカメで動画撮ったり、必死のパッチcamera

また時間が出来たら別途写真をUPしますわ。

うずしおを観たあとは港へ引き返すので、帰りは同じ景色やから
ここで船の一番下にある資料室に行ってみました。
そしたら咸臨丸の歴史に関するパネル展示や、この近辺で獲れる魚の標本などが展示されてましたわ。
あと畳敷きの場所もあったけど、そこは窓がめっさ小さいので、
立って窓を覗きこまないと海が見えへんから、あまり意味が無いような。。

最後にもう一度デッキに出たら、時間差で出航した日本丸とすれ違いました。

1時間のクルーズのあとは、
発着場のすぐ隣にある『足湯』に直行spa


Imo_uzu6


無料で乗船の前や後に利用できるのが嬉しいwink
平日だったせいか、思ってたよりも利用者が少なかったです。


Imo_uzu7


この写真からまさかスネ毛ボーボーであるとは誰も思うまいcoldsweats01


Imo_uzu8


足湯につかりながら手も温められるようになってる場所もあり、
ここを出てからもしばらく足がポカポカしていました。
時間があればもっと長く浸かっていたかったなぁshine


渦潮もバッチリ見えたし、海あり山ありの景色の中、
気分転換になって楽しかったっスgood

デジカメ動画で撮影した『咸臨丸からの眺め』です↓
(渦潮は実際に目で見たほうが断然迫力がありました☆)


次回はこの近辺で食べたものなどを紹介しますdelicious


◆うずしおクルーズ 観潮船『咸臨丸』◆
潮見表や出航時間、交通アクセスなどはこちらのHPでご確認ください。


|

« 中山功太ベストネタ単独ライブ「オオサカ ファンテスティック ベスト コンサート | トップページ | きみはサザエのつぼ焼きを食べられるか »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中山功太ベストネタ単独ライブ「オオサカ ファンテスティック ベスト コンサート | トップページ | きみはサザエのつぼ焼きを食べられるか »