« かもめキッチン 梅田ブリーゼブリーゼ | トップページ | 映画「しんぼる」 »

2009.10.04

嵐コンサート Anniversary Tour 5×10 京セラドーム大阪9/26

Imo_5x10

2009年9月26日(土)嵐の10周年記念ツアー『5×10』を観に行きましたhappy01
(@京セラドーム大阪 18時開演)

JR大正駅を降りてからドームに向かうまでの間に、
「チケット譲ってください」
と書いた紙を持った女の子があちこちに立っていて、その多さにまずビックリcoldsweats02
それはドームに到着してからも続いていて、
グッズ売り場に行くまでドームをほぼ1周歩かされるんやけど、
その間にも「ゆずって下さい」の紙を持った人が何人か立っていました。

嵐は今かなりチケットが取りにくいアーティストと言われていて、
うちの会社にもチケット取れなかった人がいるので、
一緒に取ってくれたまっさんにホンマ感謝ですshineshine

18時、待ちに待ったコンサートが開幕!
いきなり5人がドームの天井近くまで高く吊り上げられた状態で登場eye
あまりの高さに、落ちやしないかと見てるこっちがヒヤヒヤするも、
その吊り上げられた状態で歌いながら、2曲ぐらいかけてゆっくりとアリーナ後方まで移動するという、度肝を抜かれる演出impact
あの尋常じゃない高さはメンバーも絶対怖いはずだろうに、
笑顔で歌う姿を見て「プロ根性やなぁ」と心打たれるものがありました。

ステージ自体はいつものように、アリーナ前方、中ごろ、後方と3つあり、
さらにスタンド近くの通路にもデッカイ台車(っていう表現もおかしいか)にメンバーが乗って移動してきたり、とにかく縦横無尽というか、どの角度からでも見えるようになってて、毎回素晴しいなぁと関心させられてしまいます。

今回はラスベガスのベラージオホテルの噴水ショーのように、
音楽にあわせて動く噴水や、あと炎の演出もあって
「世界最高峰なんじゃないか」と思わせるエンターテイメントぶりでした。

・・・って、よくよく考えたら前回も前々回も、
「これ以上のライヴを見せてくれるアーティストって、ほかにおる?」
って思ったんよな。
もちろん世界にはプロのエンターテイナーとしてのショーを見せるアーティストが沢山いて、私はその中のほんの一握りのライヴしか見たことないわけやけど、
それでもそう思わせてしまうほどすごいんやわ、嵐のライブは。

今回まっさんが取ってくれた席がアリーナのバックステージ近くで、
花道にも近いというメチャいい席だったので大コーフン!heart04
これまでになくメンバーを間近に見ることが出来て
夢のような感覚でしたわconfident

近くの花道に翔くんが来たとき、あまりのカワイさにキューンとなったわshine
テレビで見てても可愛いけど、櫻井くんの実物は犯罪級のカワイさ!

松潤もすごいキレイな顔してて、
近くに来たときは逆に直視できひんかったcoldsweats01

あと大野くんの乗ったデッカイ台車が近くで止まって、
大ちゃんが私らの方角にちょうどお尻向けて歌っててんけど、
そのときはカワイイお尻をガン見してしまいましたbleah

もっちろんニノ(二宮くん)と相葉ちゃんもキューーートnote

一人ずつのソロコーナーもあるし、メンバー全員すごい汗でした。

曲は10周年ということもあり、今までのシングル曲を中心にベスト的な選曲?
彼らはノリの良い曲もいいけど、しっとりとした曲もまたエエんよね。

途中MCをはさみ、アンコールは2回やったかな。
3時間半にも及ぶ長丁場でしたが、全然長いと思わんかった。
っちゅうかホント楽しかったし、元気をもらったなぁとup

ライヴ中にスタンド席の観客を見てみたら、
大ちゃんのうちわを持った人がめちゃめちゃ多くて、
マジで一番人気あるんちゃうかと思いました。

ドラマ『魔王』と『歌のおにいさん』の影響?
そういえば『歌おに』と同じ帽子をかぶってるファンもチラホラいたし。(手作りか?)

大野くんってほんま歌上手いよね。
惚れ惚れする声やわ。
あ~~付き合いてぇ~~~heart02

あ、ちなみにその『歌おに』で共演していた関ジャニの子も、
この日のライブに出てきてました。(名前分からへん)

こんな楽しいライヴを見たら、
あんな薄ら禿げの男ばっかりおる会社に行く気せぇへんで。。

てなわけで、まっさん、この日はほんまに有難う&お疲れ様でしたshine
1年に1回と言わず、しょっちゅうライヴやってほしいよね。
またストレス発散も兼ねて食事とか行きまそんhappy01

|

« かもめキッチン 梅田ブリーゼブリーゼ | トップページ | 映画「しんぼる」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かもめキッチン 梅田ブリーゼブリーゼ | トップページ | 映画「しんぼる」 »