« 東大寺戒壇院と正倉院 | トップページ | JALの嵐JET »

2010.11.13

国宝 東大寺転害門と興福寺北円堂

Nara103111

2010年10月31日(日) 正倉院展→東大寺戒壇院→正倉院をまわった後、
正倉院の西側にある国宝建築物・転害門(てんがいもん)を見に行きました。

東大寺の公式HPによると、「平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年)の2回の戦火にも焼け残った寺内で数少ない建物のひとつ」ということで、正倉院まで来たのならここまで足を伸ばしておきたいところ。


Nara103112


すぐ目の前がバス停でビックリしたけど(笑)、
「ならきたまち」と呼ばれる場所に近く、付近は情緒がありました。


そのあと、まだ時間があったので、予定してなかった興福寺へ。
国宝・北円堂が秋季特別公開中(2010年10月23日(土)~11月7日(日))だったので、せっかくやし見たいなぁと。

9月に行ったときの記事にも書いたけど、普段は柵に囲まれていて、
中には入られへんようになってるねん。(そのときの記事と写真はこちら
春季と秋季の数週間だけ特別公開してるようです。

Nara103113


拝観料300円を払って中へ。
堂内には弥勒如来、無著・世親両菩薩、四天王像(いずれも国宝)などが安置されていて、一周しながら拝観します。

すぐに見終わってしまうほど中は狭いけど、
特別公開してることを知らない人が多いのか、
はたまた場所が分かりにくいからか、
意外と人が少なくて、落ち着いて拝観できましたよ☆

東大寺・転害門、戒壇院等については、東大寺公式HPのこちらを、
興福寺・北円堂等については、興福寺公式HPのこちらをご覧ください。

|

« 東大寺戒壇院と正倉院 | トップページ | JALの嵐JET »

奈良」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東大寺戒壇院と正倉院 | トップページ | JALの嵐JET »