« 奈良 元興寺 | トップページ | 亀田大毅の試合で「君が代」を歌った意外な人物 »

2010.12.26

奈良 大安寺

Nec_0823

2010年11月28日(日) 奈良の大安寺に行ってきた。

元興寺→釜めし・志津香のあと、午後から向かった大安寺。
日本最古の寺の一つで、『がん封じ』『大和十三仏霊場』のお寺として知られています。

10/1~11/30の間、御本尊である『十一面観音立像』が特別公開されていて、
以前から行ってみたいと思っていたこともあり、伺いました。


南大門(上の写真)をくぐり境内に入ると、正面に『中門跡』があります。↓

Nec_0830


その左手に進んだところに見えるのが本堂です。↓

Nec_0824

御本尊の『十一面観音』様は、こちらに安置されており、
かなり近くで拝観することができました。

Nec_0826


本堂の近くには、紅葉や竹などがあり、落ち着いた気持ちになれます。

Nec_0825


本堂から裏手に歩いたところにあるのが、嘶堂(いななきどう)と小子坊。↓

Nec_0827


Nec_0828

嘶堂には普段は非公開の『馬頭観音』様が安置してあり、
「苦悩を取り除き福を招く厄除け観音さま」だそうです。
うーむ、秋から災難続きなので、是非そのお姿を拝ませていただきたかったです。


Nec_0829

境内には花や柑橘系の実の成った木などがあり、落ち着きます。
洋風の椅子が置いてあったのは、ちよっと違和感があったけど。

Nec_0833


帰ろうかなと思って南大門に方に歩いていると、
中門跡の奥から人が出てくるのが見えて、何やろうと思って行ってみたら、
讃仰堂(宝物殿)でした。

入ってよいものかどうか、おそるおそる戸を開けてみると、
「どうぞ」と言う声と共に、仏像が目に飛び込んできた。

お寺の人かどうか分からんのやけど、2人の人がいて、
仏像について説明してくれたので、勉強になりましたhappy01

でも一見、開いてるかどうか分からないので、
宝物殿に気付かずに帰ってしまう人も少なからずいるんちゃうかなぁ?
もったいない。


Nec_0831

大安寺の駐車場は、南大門を正面に見て、狭い道1つ隔てた右側にあります。
写真はもちろんうちの可愛いレガちゅわんでございますwink

うしろに鳥居が見えますが、覗いてみると・・・


Nec_0832

『推古天皇社』。なんかすごいな。


大安寺は、奈良駅周辺とは違い、落ち着いた場所にあって良いですヨ☆


◆大安寺 公式HPはこちら

|

« 奈良 元興寺 | トップページ | 亀田大毅の試合で「君が代」を歌った意外な人物 »

奈良」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良 元興寺 | トップページ | 亀田大毅の試合で「君が代」を歌った意外な人物 »