« アルゼンチン側イグアスの滝観光に出入国書類は必要か | トップページ | ラン航空に実際乗ってみた感想 »

2012.04.23

ペルー、ブラジル旅行 3月の気候と服装と必需品

今回の南米旅行、ペルーとブラジル(一部アルゼンチン)15日間という
長い日程に加えて高地の観光も含むということで、
下調べにめちゃくちゃ時間を費やしました。

まず気になるのが「自分が行く季節の気温と服装」よね。

そこで私はペルー旅行した人のブログをネットで見まくったんやけど、
非常にイライラした点がありました。

それは、旅行の写真と文章はたくさん載せてるくせに、
肝心の「何年何月何日に旅行したか」を書いてない人が多いんですannoy

私が見た限り、8割ぐらいの人が「いつ行ったか」を書いてなかった。
それが無いと、検索してブログを見に来た人が、
「自分が行くときにどんな服装を用意して行けばよいか」などの
情報が分からへんよね?

なので私はちゃんと書いておきます。

私がペルー(リマ・バジェスタス島・イカ・マチュピチュ・クスコ・)と
ブラジル・アルゼンチン(イグアスの滝)に行ったのは、
2012年3月16日~3月30日
向こうでは夏の終わりぐらいでした。

で、日中の観光時に現地でどんな服装だったかというとズボリ!

リマとイカとイグアスの滝では半袖

マチュピチュとクスコでは薄手の長袖 +上から羽織るもの持参
フードの付いたウインドブレーカーがあると便利です。

寝るときはいずれの場所も朝晩は冷え込んだりするので、
長袖長ズボンでした。
(クスコでは長袖のババシャツとパッチを着込んで就寝)

添乗員さんから事前連絡があったときに、

「防寒具だけは忘れないでください。
高山病もだけど、クスコやマチュピチュでは風邪をひくケースも多いので、
風邪薬もお忘れなく。」

ということだったので、
それまで半袖中心でスーツケースに入れてたけど、
急遽長袖のほうを多めに持って行くように変更したんよ。
日本を出発したときにはまだ寒かったこともあり、
ダウンジャケット、セーターといういでたちで向かったんやけど、
結局現地ではダウンジャケットもセーターも1度も着ることはありませんでした。
(スーツケースの中で結構場所を取りましたわsweat02

ただクスコとマチュピチュは本来この時期は雨が降ることも多いので、
雨が降ったら気温も下がってセーターやダウンジャケットが
必要なことがあるかもしれないですね。

雨具に関しては、私はポンチョタイプのレインコートを持って行きました。
これだったらリュックの上からでも着れるので。
イグアスの滝観光時に、悪魔ののど笛とかはもう顔がビショビショに
なるくらいに水しぶきが飛んできますからhappy01
(でもカッパを着てるのは日本人だけで、
欧米人はまずカッパ着てる人はいません。
濡れるのを楽しんでるんやね。)

イグアスの滝といえば、水中カメラ必須ですヨcamera
使い捨てタイプの水中カメラも売ってるみたいですが、
私は新たにニコンAW100を買い足して持って行きました。

ペルーのリマとナスカは一年のうちほとんど雨が降らないそうです。
でもマチュピチュとクスコは山(あるいは山付近)ということもあり、
雨の可能性があると。

そうそう、冷え込んだときのために『貼るカイロ』も持って行ったな。
でも飛行機移動のとき手荷物に入れていると、検査で没収されるねん。
発熱作用があるからかと思いきや、
ウワサでは「係員が自分で使いたいから押収している」とか?!
真相は定かではありませんが、貼るカイロを持って行く場合は
スーツケースの中に入れておくと良いと思います。
(同じツアーの人は手荷物に入れてて見事没収されてました。
でも私はひそかに手荷物の中の本にはさんでたら
バレませんでしたけどbleah

マチュピチュとイグアスの滝では虫にさされる可能性ありとのことで
ティッシュタイプの虫よけを持って行ったけど、一度も使わず。
同じツアーの中には、ブヨ?か何かに刺された人もいたので、
虫刺され用の塗り薬なんかも用意していくとよいかもしれません。
缶スプレー式の虫よけは飛行機に持ち込めないので、
スーツケースでも手荷物でもダメです。)

ちなみに私が参加したツアーの具体的な日程は、

2012年
3月16日(金) 日本(関空)出発→サンフランシスコ (サンフランシスコ泊)

3月17日(土) サンフランシスコ→ペルーの首都リマ (リマ泊)

3月18日(日) リマ旧市街と新市街観光 (リマ泊)

3月19日(月) バスにてナスカへ移動。
         途中、バジェスタス島ボートクルーズ。
         この日は翌日の「ナスカの地上絵」観光のため
         ナスカで泊まる予定だったが、
         ナスカでストライキと暴動が起こりナスカ入りすることが出来ない
         と添乗員さんより説明を受ける。
         急遽、イカの街に宿泊。(イカ泊)

3月20日(火) ピスコから出ている「ナスカの地上絵フライト」で、
         無事地上絵を観光。
         その後リマに戻る。 (リマ泊)

3月21日(水) リマ→国内線でクスコへ。
         インカの村々の見学を経てオリャンタイタンボから
         高原列車(ビスタドーム)にてマチュピチュ村へ。
         (マチュピチュ村アグアスカリエンテス泊)

3月22日(木) 午前:マチュピチュ遺跡 午後:インティプンク観光。
         私は頭痛と疲れにより午後のインティプンク観光を欠席。
         (マチュピチュ村アグアスカリエンテス泊)

3月23日(金) マチュピチュ村→オリャンタイタンボ(高原列車ビスタドーム)
         オリャンタイタンボ遺跡などを観光しバスにてクスコへ移動。
         (クスコ泊)

3月24日(土) クスコ旧市街およびクスコ郊外の遺跡を観光。 (クスコ泊)

3月25日(日) クスコ→国内線でリマへ。
         リマ→国際線でブラジル・イグアスへ。 (イグアス・ブラジル側泊)

3月26日(月) イグアスの滝(アルゼンチン側)観光。 (イグアス・ブラジル側泊)


3月27日(火) イグアスの滝(ブラジル側)観光。
         夜、イグアス→国際線でペルーの首都リマへ。 (リマ泊)

3月28日(水) リマ観光。
         夜、空港へ。

3月29日(木) リマ→サンフランシスコ
         サンフランシスコ→関空の便に乗る 

3月30日(金) 関空到着

つまりサンフランシスコ1泊、リマ4泊、イカ1泊、
マチュピチュ村2泊、クスコ2泊、イグアス(ブラジル側)2泊 
でした。

shineペルー(マチュピチュ、ナスカの地上絵など)、イグアスの滝の写真は
写真ブログImo Portfolioで公開中。
ぜひそちらもご覧くださいnote

・ペルー、ブラジルの物価と両替についての記事はこちら
・アルゼンチン側イグアスの滝観光に出入国書類は必要かについてはこちら
・ラン航空に実際乗ってみた感想はこちら



|

« アルゼンチン側イグアスの滝観光に出入国書類は必要か | トップページ | ラン航空に実際乗ってみた感想 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

3月にマチュピチュに行くので非常に参考になりました!
ありがとうございました(*^-^*)

投稿: ななし | 2013.01.04 15:04

2018年3月に計画しています。3月の現地の服装等知りたくて検索していたら貴方様のページに出会いました。

いろんな方のブログ見ていても日付がないので役に立たないといつも思っていました。貴方様のブログはとても具体的に教えていただいて非常にありがたいです。

これからどんどん読ませていただき予習することにします。ありがとうございます。
                   福岡 kurenai

投稿: kurenai | 2017.08.08 21:05

ずいぶん前にコメントをいただいていたのに見落としておりました。
失礼いたしました。
旅行の参考になったとのことで大変嬉しく思います^^

投稿: いも→ななしさん | 2017.08.10 20:36

福岡 kurenaiさん
コメント有難うございます。

2018年3月に計画されているとのこと。
この記事が少しでもお役に立てたら大変嬉しく思います。

もう5年以上前の記事ですが、私のブログの中でアクセス数がいまだ不動の1位で(笑)
みなさん参考になる情報を探しておられるんだなぁと思っています。

この記事の前後にも南米旅行に関する記事を載せていますが、現地の通貨や両替などお金に関するこちらの記事
http://imorockfestival.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-399d.html
もお役に立てればと存じます。

そうそう、実際に行った日付を書いてない方、意外と多いですよねsweat01

例えば国内の観光地でも、時季、平日か土日祝か、時間帯etcによって混雑具合が違うと思うのですが、肝心のそれを書いてない方が多くて。

では見どころ多き南米の旅をぜひ楽しんできてください^^

投稿: いも→福岡 kurenaiさん | 2017.08.10 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アルゼンチン側イグアスの滝観光に出入国書類は必要か | トップページ | ラン航空に実際乗ってみた感想 »