« 南禅寺 京都 | トップページ | 相国寺 京都 »

2012.07.08

永観堂 禅林寺 京都

Imo_eikandou

6月1日(金) 南禅寺、永観堂、相国寺に行ってきました。

南禅寺のレポは前回書いたので、今回は永観堂です。

永観堂も南禅寺も、紅葉のときが特に素晴しいそうなのだが、
紅葉でもないこの時季になぜ行ったかと言うと、
5月に赤目四十八滝に行ったときに新緑が美しく、それが忘れらなくて、
緑の映えるこの時季にしか見られない風景が見たいと思ったんですわ。

で、ネットで色々調べていたときに偶然見つけたのが、永観堂の写真。

それは今回実際に私が写した上記の写真とほぼ同じ角度から撮られたもので、
その景色が見たい!と思って行ったのでした。

永観堂には『みかえり阿弥陀様』と呼ばれる、
後ろを振り返ろうとしている姿の
非常にめずらしい阿弥陀如来像が安置されています。

また釈迦堂、御影堂、阿弥陀堂(本堂)などのいくつかのお堂が
廊下でつながっており、拝観料を払って中に入ると、
ズラーッと一気に複数のお堂を拝観する形になります。
これもまたほかのお寺では見かけたことのない感じで驚きました。

御影堂の裏手には水琴窟があり、
柄杓で水をすくって上から水を落とすと、とても良い音色を奏でてくれます。
私が行ったときは人も少なく、とても静かだったので、
思う存分、その音を楽しみましたconfident
(水琴窟は万博公園で初めて知って以来、お目にかかったのは2度目。)

そして極楽橋から見る新緑に囲まれた放生池の景色は本当に見事shine

一眼レフで撮ったものはまた後日写真ブログに載せますが、
南禅寺同様、次は紅葉の季節にも訪れてみたいなと思いましたwink


|

« 南禅寺 京都 | トップページ | 相国寺 京都 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南禅寺 京都 | トップページ | 相国寺 京都 »