« 映画「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」若松監督、井浦新 舞台挨拶付き | トップページ | 永観堂 禅林寺 京都 »

2012.07.03

南禅寺 京都

Imo_nanzenji1

6月1日(金) 京都の南禅寺、永観堂、相国寺を拝観しましたshoe

南禅寺はねぇ、何年か前にSMAPの吾郎ちゃんが、
テレビドラマで金田一耕助シリーズをやったときに、
登場人物が京都旅行してるシーンがあって、
そこで南禅寺の三門(山門)が映ったのよ。

そのあまりの大きさにビックリして、
「すごい!京都にこんなデカイ正門があるんや?!」と、
それまで南禅寺の名前は聞いたことあったけど
京都にあることすら知らんかったから、結構な衝撃やったわけです。

ほんで「いつか絶対行くぞ」と心に決めててんけど、
なんかもったいぶって今まで行かへんかったんよな。

行こうと思えばいつでも行けるのに、行くと楽しみがなくなってしまうような、
テレビで見たときの衝撃を、最後まで取っておきたいというような、
そんな気持ちがあったんかも知れん。
別に1回だけしか行かれへんわけじゃないねんから
すぐに行っときゃいいものをさ(笑)

んじゃ何故この時期に急に思いついたように行ったかというと、
それは次回の永観堂のレポのときに書くとして。

4月に京都に行ったとき同様、
京都市営地下鉄1dayフリーチケット(600円)を購入して
3ヶ所のお寺を周ることにしました。

南禅寺は朝8時40分から拝観可能ということで、
8時40分には三門前に到着。

朝早いほうが人も少ないし、ゆっくり写真も撮れると思ったから
早起きして行ったのに、いきなり予想外の事態が。
こんな朝はよから修学旅行生が三門の前で
入れ替わり立ち代り、クラスの団体写真を撮ってんのよbearing
しかもさっさと写せばよいものを、ほかの拝観客への配慮も全く無く、
のっそりのっそりしとんねん。このクソ田舎もんが!

しかもそのクソ修学旅行生たち、
そのあと南禅寺の中を拝観するのかと思いきや、
団体写真を撮るだけ撮って、拝観せずに移動しやがんの。
もしかしたら前日に拝観してたんかも知れんけど、
ろくに拝観してないのに団体写真だけ撮ってたとしたらとんでもないで。
ま、こっちにしたらどっか行ってくれたほうが助かるけど。

で、ジャマ者がいなくなって、さぁゆっくりと三門を拝観しましょうと
近づいて行ったら、こんどは別の団体が。

え?・・・まさか、ドラマの撮影?!

この南禅寺、サスペンスものの2時間ドラマなどで
よく撮影に使われるらしいんやけど
(現に私が訪れたいと思ったきっかけも前述のテレビドラマやったし)、
でもまさか自分が撮影現場に出くわすとは思わんかったからビックリsign01

三門と、あと水道橋で、女優さんと俳優さんが演技してたけど、
残念ながら誰か分からず。
近くにいた拝観客の人たちと「誰か分かります?」と声を掛け合ったものの、
結局分らずじまいでした。
主役級の人ではなかったのかな。
ドラマ撮影してる間、その場所の写真が撮られへんから
むしろちょっとイラッとしたりして。
(これが有名な俳優やタレントやったらテンション上がったんやろうけどcoldsweats01


Imo_nanzenji2
2時間ドラマの撮影スポットでも有名な水道橋(水路閣)


いやしかし存在感があるというか、見応えのあるお寺やねぇshine

三門は500円で上にのぼることが出来るねん。
歌舞伎の演目で、石川五右衛門が「絶景かな 絶景かな」というのは、
この南禅寺・山門の上から満開の桜を見て言うセリフなんやてね。

方丈庭園(拝観料500円)、南禅院(拝観料300円)も見たけど、
どちらも良かったですgood
三門と南禅院では女性の方たちが丁寧に掃除してはる姿が
印象的やったなぁ。

修学旅行生の写真撮影と、ドラマの撮影というW予想外事件?で、
拝観にかなり時間がかかってしまい、
3時間弱ぐらい滞在したかもsweat02
紅葉の季節はすんごい賑わいらしいけど、
ぜひまた行ってみたいですわconfident



|

« 映画「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」若松監督、井浦新 舞台挨拶付き | トップページ | 永観堂 禅林寺 京都 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うひゃひゃ。早起きしたのに予想外!!
しかも記念撮影だけとはびっくり・・・ちょっとは見とけよー。
そしていもちゃん、記念撮影にこっそり見切っといてよー。
生徒の間から心霊写真風か、山門から石川五右衛門風に(笑)

投稿: まるに | 2012.07.09 16:33

まるに、お疲れちゃ~んhappy01

> 生徒の間から心霊写真風か、山門から石川五右衛門風に

ぶはは!ほんまや、そうすればよかったわ!
なにげに一番後列のうしろに回り込み、
生徒と生徒の肩の間から、白目で写りこめばよかった!(笑)

投稿: いも→まるに | 2012.07.12 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」若松監督、井浦新 舞台挨拶付き | トップページ | 永観堂 禅林寺 京都 »