« 総持寺 年に一度の本尊御開扉 | トップページ | 狩野山楽 山雪展 京都国立博物館 »

2013.05.03

京都 智積院

Imo_chisyakuin1

ゴールデンウィーク後半初日。
今日は初めて『智積院』に行ってきました。

なんかテレビでちょくちょく智積院が紹介されてたので、
名前だけは頭の中に入ってたんやけど、どこにあるのかは知らんくて。
京都国立博物館に行く予定があったので、
ついでに近くに良いお寺はないかなぁと地図で調べたら、
すぐ近くに智積院の名前が。
(三十三間堂も目の前にあるけど、こちらは何度も行ったことがあるので。)

まずは拝観料を払って長谷川等伯の国宝障壁画を拝観。
そして名勝庭園へ。

「利休好みの庭」と言われているそうで、
縁側?に座ってのんびりと庭を眺めることが出来て、すごく良い感じhappy01


Imo_chisyakuin2


天気も良く、新緑が綺麗で、キラキラしていましたshine
いやー今日は写真の撮り甲斐があったなぁcamera

ちなみに金堂と明王殿(不動堂)は、拝観受付所より右奥にあり、
お堂の中に入ってご本尊を拝観することもできましたconfident


Imo_chisyakuin3 金堂


金堂や明王殿のまわりでは、
お寺の関係者(若いお坊さんのような?)の方々が
木々や葉の手入れや掃除をされており、
横を通るときに必ず「こんにちは」と声を掛けてくれはります。
最初はビックリしたけど、やっぱり挨拶は清々しくて良いもんやねv



|

« 総持寺 年に一度の本尊御開扉 | トップページ | 狩野山楽 山雪展 京都国立博物館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 総持寺 年に一度の本尊御開扉 | トップページ | 狩野山楽 山雪展 京都国立博物館 »