« 平城京天平祭 | トップページ | 葛城山のヤマツツジ 奈良 »

2014.05.31

銀シャリ屋 げこ亭

Imo_geko1

5月11日(日) 堺市の定食屋『銀しゃり屋 ゲコ亭』に行ってきた。

象印の炊飯ジャー企画開発スタッフが、この店のご飯に感動して、
店主に米の炊き方などを教わりながら
圧力IH炊飯ジャー『極め羽釜』を開発したというエピソードがあるほどで、
テレビなどでも紹介されているので、関西以外でも知ってる人が多いんやね。
(ZOJIRUSHIの『極め羽釜』の公式HPに、げこ亭のことなどが載ってます。

米好きの私がこのお店のことを知ったのは、おととしぐらいやったかなぁ、
ネットで「大阪 ご飯のおいしい店」と検索したら出てきたんよ。
でも堺って家から行くには中途半端というか、
わざわざ電車に乗って行くのもなぁ・・・なんて思ってるうちに
行きそびれてしまって。

ところが!
飯炊き仙人とも言われる店主が近々引退されるという話を聞いて
こりゃ行かな、と。

車を走らせること約1時間car
朝10時前に到着しました。

上の写真が今の店舗で、
そのすぐ近くに旧店舗がありました。↓


Imo_geko2


店内に入るとおかずが色々置いてあり、
食べたいおかずをトレーに載せて、
最後にご飯をよそってもらいます。
(そこで味噌汁も注文したい人は、「しじみ」か「わかめ」かを告げる)

お金は店を出るときに払うので、
とりあえず空いてる席を見つけて座り、
食べているうちに店員さんが見回りに来て、
何を食べてるか見て伝票を置いていきます。

ちなみに少人数の場合は普通に相席になるけど、
まぁ長居するわけじゃないから、ね。


で、私はこれを食べました。↓


Imo_geko4


玉子焼き(200円)、ぶりの照り焼き(450円)、
しじみ汁(150円)、ご飯(150円) 


玉子焼きもブリの照焼きもおいしいdelicious
ご飯は、おかずと一緒に食べてこそのおいしさというか、
ご飯単体だと私にはそこまでのおいしさかどうかは分からんかった。

足りなかったら追加でおかずを取りに行こうかと思ってんけど、
元々朝は少食のせいか、これだけでお腹いっぱいになってもうて
ギブアップ。

これで合計950円なので、結構なお値段よねぇ。
普通の人やったら軽く1,000円超えると思うし、
あるいは何人かで行って数種類のおかずを分け合うのがいいかもね。

ちなみに店主は5月いっぱいで引退され(つまり今日!!)、
今後は別の経営者がこの店を引き継ぎ、
2代目銀シャリ亭げこ亭として営業していくそうです。


「銀シャリ屋ゲコ亭」
住所:堺市堺区新在家町西1-1-30
交通:南海本線堺駅 徒歩20分、阪堺電車寺地町駅 徒歩すぐ


|

« 平城京天平祭 | トップページ | 葛城山のヤマツツジ 奈良 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平城京天平祭 | トップページ | 葛城山のヤマツツジ 奈良 »