« 銀シャリ屋 げこ亭 | トップページ | 映画「青天の霹靂」 »

2014.06.10

葛城山のヤマツツジ 奈良

Imo_05161

2014年5月16日(金) 奈良の葛城山にヤマツツジを見に行きましたcar

山の斜面が真っ赤な花で覆われている写真を
旅行パンフレットなどで見たことがことがある人もいるのでは?

毎年5月中旬~下旬に満開になる葛城山のヤマツツジ。
そのシーズン中には各地から観光客や登山者が訪れ、
付近で交通渋滞が発生したり
ロープウェイの待ち時間がすごいことになるというのを聞いていたので、
私は5月上旬からあらかじめネットで開花情報をチェックして、
「見頃」の文字が出たときを狙って訪問しました。

平日やったけど、駐車場が混まないうちにと思って早朝5時40分ごろ出発。
現地に到着したのが7時30分頃。

第1駐車場?は満車でしたが、
そのすぐ下の駐車場はまだ少し余裕がある感じで、無事停めれました。

で、山頂付近まで行くには、ロープウェイで行くか
徒歩で登山するかのどちらかやねんけど、
私は往路は体力温存のためにロープウェイ、
復路はせっかくなので山の雰囲気を味わうために徒歩で下山、
という方法にしました。
まさか下山があれほどキツイとも知らずに。。

8時前に発車のロープウェイで山頂付近へ。

ところが、前日が雨だったせいか、
辺りにはガスがたちこめ、20m先も見えないありさま。
ヤマツツジのビョーポイントに到着するも、
まったく見えない状態shock

あまりのショックに愕然としたけど、周りの人たちが
「少し待ったらガスも消えるよ」と言ってたので、
30分ばかし待っていたら、晴れ間が出てきて
見事なヤマツツジの群生が姿を現しましたshine
(上の写真)

ずーっと景色を見ていると、ヤマツツジもキレイけど、
その向こうの山もすごいキレイねん!
太陽の陽が当たって、山の斜面に明るいところと影ができてて。
しばし見とれてしまいました。


Imo_05162


ちょっとウロウロしながら写真とりつつ、
途中で座っておにぎり食べたり、もしました。


Imo_05163


ただ、強風でめちゃくちゃ寒くて、じっとしてられないほどだったので
(帽子飛ばされてる人多数(笑))、
10時ごろには下山開始。

「櫛羅の滝コース」と呼ばれる登山コースを
歩いて下りはじめたはいいけど、まぁこれが想像以上にキツくて、
帰りもロープウェイにすればよかったと後悔しきりでした。

というのも、段差の大きな急階段が多いことに加え、
その頃すでに下のロープウェイ乗り場では2時間待ちの混雑になっていて、
ロープウェイをあきらめて歩いて登る人が続々と上がってきたんよeye

登山道は登る人と下りる人がすれ違えないほど狭いもんやから、
こちらが道を譲ってばかりでなかなか下に降りられへんねん。
しかも段差がすごいから、普通の階段のようにすんなりとは
降りられず、かなり慎重に足を運ばないといけない。
やっとあと残り10分の1ぐらいまできたところで思いっきりこけてもうたしdash
結局、下るだけで1時間半強もかかってしまいました。


Imo_05164 櫛羅の滝


下りてる途中で、登ってくる人から結構声をかけられてんけど、
「まだ先はだいぶありますか?」と言われて、
正直に答えてええもんかどうか迷った・・・
だって質問された地点から頂上付近までまだ3倍ぐらいあるんやもん(爆)
逆に言えば、私がもし往路も歩いて登っていたら
確実に途中で倒れてたと思うわ。
体力の無い私には絶対無理。


ちなみにあとで調べたところによると、
私が行った日とその翌日に新聞やTVで
この葛城山ヤマツツジのことが紹介されてて、
しかも報道された次の日がちょうど土日だったもんだから、
どえらい人出やったらしいです。

↑土日はロープウェイが3時間待ちとかで、
待ってられない人たちが歩いて登り始めたものの、
登山するつもりで来てないからスカートやサンダルの人もいたとか。
ついには救急車が出動して運ばれた人もいたそうですから、
登りだしてから「しんどい」と感じたら、
無理せず引き返したほうがいいです。

葛城山の登山についてネットを見ていると、
「1時間ちょっとで登れる」と書いてる人が結構いるけど、
それは登山経験者だから出来ること。
登山歴のない人や体力に自信のない人は無理に登ろうとせず、
ロープウェイでの往復をオススメします。


個人的にはヤマツツジのシーズンはもちろん、
別の季節にもまた訪れたいなぁ。
山頂のロッジで食事と大浴場も利用してみたいし。


|

« 銀シャリ屋 げこ亭 | トップページ | 映画「青天の霹靂」 »

奈良」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀シャリ屋 げこ亭 | トップページ | 映画「青天の霹靂」 »