« 奈良 興福寺と旬菜ひより | トップページ | 道明寺天満宮、道明寺、野中寺 »

2015.01.21

アサヒビール吹田工場見学

Imo_1501211

アサヒビール吹田工場の見学に行ってきましたhappy01
吹田工場は「アサヒビール発祥の地」。
地元なのに見学に行くのは小学校(か中学校)の社会科見学以来です。

見学希望者はネットか電話で予約をし、
受付で名前を告げて右手奥に進みます。

Imo_1501212


平日の昼間にも関わらず、
私が参加した回は10数名の見学者がいました。

案内をしてくれる女性の説明を聞きながら進みます。
(製造過程は写真や録音が禁止なので、写真はありません)

ホップや麦を実際に触ったり、
ビールの「瓶」と「缶」の製造過程も見ることが出来ました。

ウィスキーは寝かせて年月を経ることで熟成していくけど、
ビールは鮮度が命!

空気に触れると鮮度が落ちてゆくので、
なるべくそれを避けるための方法や、
出来上がったら早く出荷することetc

家にビールを長く置いてる人もいるかしれんけど、
未開封でも時間が経つごとに鮮度が落ちてゆくので、
買う時には製造年月日の新しいものを選び、
まとめて買い置きするよりも、
こまめに買うほうが良いそうですヨ。

それから瓶のラベル(1本に3ヶ所)が
1分間に600本というスピードで貼られていったり、
缶にビールが入ってからフタがとじられる前の瞬間が見れたり。

あと回収された瓶を洗浄する機械や、
ビールを詰める前の缶も見れて、
説明も分かりやすくて勉強になったというか楽しめたなぁgood

約1時間の工場見学ののち、
出来立てビールの試飲タイムbeer
あらかじめ決められた席に座り、
一人3杯まで試飲することが出来ます。
(前後に車の運転する人や、妊娠中の人などはお酒は飲めないので
ジュースが用意されています)


Imo_1501213


Imo_1501214


「オコゲスタ」というお菓子が一人一袋用意されています。
ビールに合うように作られているということで、
工場見学した人の間では評判の良いお菓子みたいやね。

Imo_1501215


Imo_1501216

結局2杯試飲。
(ほかの人達はほとんど3杯飲んでたと思うけど)

韓国から一人で参加してる女性がいて、
単語ばっかりの英語で話しかけたところ、
旅行で来てて、大阪だけ観光しているらしい。
ほかにHEP FIVEとスパにも行くって言うてた。
わざわざこの工場に来たってことは、
旅行本で紹介されてるんやろな。
(その女性はオコゲスタを「Salty!」と言ってて
あまりお気に召さなかった様子(^^;
私はむしろ薄味にすら感じたんやけどなぁ。味覚の違いかな。)

およそ25分間の試飲タイムが終わり、解散。

お土産コーナーには「オコゲスタ(海鮮うま塩)」も売ってます。

Imo_1501217

ニッカの商品も色々置いてあるんやけど、
楽しみにしていた「ニッカ・アップルワイン」が
品切れで置いてなかったのが残念だったweep
(ここで売ってるという情報をネットで得ていたもんで)

マッサンの舞台が余市に移って、
リンゴ汁云々という展開になってきてるので、
余市で試飲して美味しかったアップルワインを
売り切れる前に買おう!と思ってたんやけどね。。

で、結局オコゲスタ(750円)とワインケーキ(1,230円)を
買っちゃいました。

Imo_1501218

ワインケーキ売ってるとは知らなくて想定外の購入やってんけど、
以前茨城県に住む知人がご当地ワインケーキを
お土産にくれたことがあって、
それがすんごく美味しかったもんで、
それと比較してどないかなぁなんて思って。
買う時には気付かんかってんけど、
パッケージをよく見たらニッカ余市蒸留所の絵が描いてあって、
うしろのシールにもニッカフルーツブランデーが入ってると
記載されてるので、味も期待できそうかな?
(まだ食べてないので、感想は後日追記します)

工場見学は土日とか製造ラインが止まってる日もあるみたいで、
せっかくなら動いてるときに行く方がより一層楽しめると思う。
ビール好きはもちろん、ビール飲めない人も楽しめる!
ほんとオススメですwink
(受付で言うとお土産コーナーだけ入ることも可能だそうです。)

※アサヒビールの工場は以下の8か所あるので、
お近くの人は見学されてみては?
北海道工場
福島工場
茨城工場
神奈川工場
名古屋工場
吹田工場
四国工場
博多工場


|

« 奈良 興福寺と旬菜ひより | トップページ | 道明寺天満宮、道明寺、野中寺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良 興福寺と旬菜ひより | トップページ | 道明寺天満宮、道明寺、野中寺 »