« 奈良鹿寄せと浮見堂 | トップページ | 大分旅行 別府地獄めぐり »

2015.02.24

大分旅行 別府海浜砂湯

Imo_sunayu1

2015年2月2~3日に一泊二日で大分・別府旅行してきましたairplane

到着してまず向かったのは『別府海浜砂湯』
人生初の砂湯ですよ~spa

そもそもなぜこの時期に別府かというと、
JALのマイレージの期限が迫ってきて、
それを使うために無理くり決めた行き先が大分やってん。
もっといい季節やったら北海道とか東北とか行きたいところやけど、
なんせ一番寒い時季やから。。
色々検討した結果、温泉あるし別府ええやん!と。

2月2日(月)
朝9:20伊丹発→10:20大分空港着。

別府・大分方面に向かうバスの出発時刻が10:25で、
飛行機到着から5分しか時間が無いもんやから
たぶんそれには乗れないやろうなと思ってたけど、
意外にも乗れました^^
バスは飛行機の到着に合わせて発車時刻が組まれているようやね。

思ってたより早いのに乗れたから、そのまま海浜砂湯に向かうことに。

海浜砂湯へは「六勝園」というバス停で降りるんやけど、
空港バスは六勝園に停車する便と停車しない便があって、
停車しない便のほうが多いのね。

私が乗った10:25空港発のバスは六勝園には停まらないやつ
だったので、「観光港」というバス停で降りて、
歩いて20分ほど引き返しました。
重い荷物を持ったまま歩いたから汗かいたわsweat01

ちなみに別府には砂湯が2ヶ所あって、
1つは今回行った海浜砂湯。
海岸近くにあって、砂湯といって私かイメージするのは
こういうところやけど、今の季節、寒くないかなぁ?と
躊躇してました。

もう1つは別府駅周辺の繁華街近くにある竹瓦温泉。
ここは建物も古く、雰囲気のある有名な温泉。

海浜砂湯は寒いかもしれんし、場所も少し離れてるから、
竹瓦温泉の砂湯に行こう、はじめは決めててんけど・・・

旅行の前の週の「おさんぽジャパン」が
なんと偶然にも別府で(爆)
太一が海浜砂湯を体験してたもんやから、
こりゃそっちに行かな、って予定を変更したわけです。


朝11時過ぎに海浜砂湯に到着。↓

Imo_sunayu2


『おさんぽジャパン』ではこうでした。↓

Imo_osanpo1


入浴料1,030円を支払い、待ち札?を受け取ります。
1,030円は砂湯とそのあとの温泉料込ね。
浴衣の貸出は料金に含まれてるけど、
タオルなど有料のものもあるので、こちらのHPで確認してください。

この日は平日やのに、私は待ち人数8番目ぐらいでした。
前日に別府マラソンがあって多くの人が別府に来てたみたいやから、
それで多かったんかな?


結構早く番号呼ばれて、浴衣を受け取り女湯へ。↓

Imo_sunayu3


脱衣所は正直狭いsweat01
私のときはちょうど人が多かったから、
なかなか浴衣に着替えられなくて困りました。

そしてロッカー(100円)に荷物や着替えを入れて砂湯に向かうんやけど、
写真を撮りたい人は、ここから
砂湯に向かう前にカメラを持って行くことを忘れないようにsign03

写真が撮れる旨の張り紙もあったと思うけど、
私は事前にここの砂湯を体験した人のブログを見て、
係りのおばさんが写真を撮ってくれるという情報を得ていたので
デジカメを持って行きましたcamera


Imo_sunayu4


一度に最大12名使用できます。↓

Imo_sunayu5


砂かけおばさんが砂をかけてくれます。
だんだんと重みを感じてくるけど、あったかぁ~いhappy01
寒いんちゃうかと躊躇してた自分がアホやったわ。
もうポッカポカで、顔は外気に触れてるから、
ちょうどいい具合の暖かさやねん。
逆に言うと、夏には暑すぎるくらいに感じるんかな?
冬だからこそむしろ良かったのかも。


Imo_sunayu6


砂湯に入ってる時間は15分

途中から陽が差してきたので、パラソルを差してくれました。

砂をかけてくれたおばさんが、色んな角度から写真を撮ってくれます。

このくらいの年齢の人って「私、機械は苦手だから」って
カメラを渡されるのを嫌がる人も多いのに、
さすが観光地で働いているだけあって、
カメラのスイッチや操作について聞かれることもなく、
撮影後はちゃんとケースに入れて、
さらに砂で汚れないようにビニール袋に入れてくれてました。
この配慮には驚き&感動でしたわgood

やっぱ写真撮れたら記念にもなるし、
今の時代ネットに載せてもらえたら宣伝にもなるから、
商売としてそれを分かってるってことやもんね。

私の隣で砂湯に入っていた若い男性ひとり客は
カメラ持ち込みOKなことを知らなかったらしく、
終わってから「写真撮ってもらえたんですねー」と
残念そうにしてました。


Imo_sunayu7


15分経ったら声を掛けてくれるので、
体の上に乗った砂を掃って、着替え場所隣の温泉(室内)へ。

砂が付きまくった状態でそのあとどうするのかと思ってたら、
温泉の入口に砂まみれの浴衣を放り込むところがあって、
その横にシャワー室があって、そこで砂を落とします。

で、そこから続いてる温泉に浸かるというわけ。

温泉の浴槽と洗い場は小さめです。
お湯の温度は高めで、とてもじゃないけど長くは浸かってられへん。
でも私が入ったときは、みんな上がってしまったあとで
独占状態やったんよねー。
湯船に入っては上がり、また湯船に入って・・・というのを
数回繰り返し。

たぶんここで長湯する人はほとんどおらんのちゃうかな。
だからこのくらいの狭さでも芋洗い状態にはならへんのやろうと
想像します。

風呂場から出て脱衣所に戻ると、
来た時にはあんなに人が多くてごった返してたのに
だぁーれも居なかった。。
到着した時がたまたま混んでたんやね。
入店してから出るまで1時間ほどでした。


ちなみに『おさんぽジャパン』ではこんな感じてした。↓

Imo_osanpo2


Imo_osanpo3


Imo_osanpo4



あとで写真見たら、太一が入ってた場所と
私が入った場所が偶然近かった(笑)
てなわけで、砂湯初体験は楽しかったですspa


Imo_sunayu8


すぐ近くにバス停があるので、そこからバスに乗って
別府北浜に向かいました。
午後は定期観光バスで地獄めぐりです。


|

« 奈良鹿寄せと浮見堂 | トップページ | 大分旅行 別府地獄めぐり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良鹿寄せと浮見堂 | トップページ | 大分旅行 別府地獄めぐり »