« 映画「野火」 | トップページ | 映画「ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション」 »

2015.08.14

映画「ジュラシック・ワールド」

Imo_jura

映画『ジュラシック・ワールド』を観に行ったmovie

『ジュラシック・パーク』から20年も経つんやなぁ。
当時、劇場で観たけど、ドキドキ感と恐怖はすごかった。
こないだテレビでまた放送してたから見たけど、
今見てもやっぱり怖いんよな。

で、今回の『ジュラシック・ワールド』。

恐竜を間近で見たり触れたりできるテーマパークで
恐竜が逃げ出し、パニックに・・・という物語。

どの年代でも何も考えずに楽しめる作品やと思うと同時に、
何かを考えさせられる作品やなと。

私は前半、「こんなテーマパークあったら毎日でも行きたいわ」
なんてワクワクしながら観てたけど、
人間が遺伝子操作して作りだした恐竜とか、
やっぱそんなことしたらアカンねやわ、
自然の摂理に逆らうようなことしたらアカンねやって
すごい考えさせられた。

だって今の科学者だか生物学者だかが本気でやろうと思ったら
作りだすことできるかもしれんやん。
クローン羊とかあるぐらいやから。
でももしほんまに実現するようなことがあったとして、
この作品のようにテーマパークが出来て・・・
ってなったら、訪れた子供たちがいずれもっとおそろしいものを
作りだす大人になるかもしれん。
この先、人類が絶対にやってはいけない事なんやな、きっと。

ドキドキ&恐怖感は個人的には
『ジュラシック・パーク』のほうがあったように思うけど、
「恐竜をこの世に甦らせてしまった」というあの衝撃と怖さに、
20数年経ってテーマパークを作るまでに慣れてしまった人類の愚かさ?
が描かれていて、良い作品だと思う。


てなわけで、5段階評価で表す場合、


私の評価は ★★★★☆ (4.5)


『ジュラシック・パーク』を見てない人は、
そちらを見てから本作品を観てほしいな。
(8/14 TOHOシネマズ梅田シアター1にて鑑賞)


スティーヴン・スピルバーグ:製作総指揮
監督:コリン・トレヴォロウ


|

« 映画「野火」 | トップページ | 映画「ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「野火」 | トップページ | 映画「ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション」 »