« 大阪府民の森ほしだ園地 | トップページ | 京都大原 実光院 »

2016.07.04

映画「TOO YOUNG TO DIE 若くして死ぬ」

Imo_too

宮藤官九郎監督脚本、長瀬智也・神木隆之介出演の映画『TOO YOUNG TO DIE』を観に行った。

地獄へようこそ
マザファッカ~~~~~
sign01

バス事故で17歳の若さで死んだ男の子が地獄で、キラーK率いるロックバンド・地獄図(ヘルズ)と出会い、輪廻転生しながら、好きだった女の子に会いに行ったり、キラーKの元彼女に会ったりするというストーリー。

いやもう何度声を出して笑ったことかhappy01

男の子がなぜ地獄に落ちたかという理由や、キラーKが今まで輪廻転生してきたものとか、オモロすぎv

さらに男の子が最初に生まれ変わる動物が個人的にツボすぎて^^

地獄図の演奏シーンがまたカッコ良くてねぇ。
映画始まって5分経つかどうかぐらいで爆音で演奏する場面があるんやけど、ほんとコーフン!

途中で出てくるベースバトル、ドラムバトル、ギターバトル、そして憂歌団の木村さんが歌うシーンもカッコいいgood

笑えるだけじゃなくて切ないところもポイント高いよね。

ちなみにカラオケJOY SOUNDには早くも「TOO YOUNG TO DIE」と「天国」の2曲がありました(爆)

というわけで、5段階評価で表す場合、

私の評価は ★★★★ (4つ)

キラーKがオナラをするシーンがあるけど、先日のマルコポロリでクドカンと長瀬が話してたところによると、なんとまさかの長瀬のマジ屁だったらしいです。
それ聞いて、もっかい観に行こうかなとか思ってしまうワシ(笑)
(6/29 TOHOシネマズ梅田・シアター1にて鑑賞)

|

« 大阪府民の森ほしだ園地 | トップページ | 京都大原 実光院 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪府民の森ほしだ園地 | トップページ | 京都大原 実光院 »