« 高槻 美人湯 祥風苑 | トップページ | 奈良健康ランド »

2017.02.25

映画「ラ・ラ・ランド」

Imo_la_

アカデミー賞ノミネート部門最多タイと言われる映画『ララランド』を観に行った。

アカデミー賞云々より『セッション』の監督の作品ってことで期待してたけど、んもぉーー良かったsign03


2週間ぐらい前やったかなぁ、あさイチで主演俳優と監督のインタビューをやってたんよ。

それ見て「久々にめっちゃ観たいと思わせる作品やな」と思ってんけど、『セッション』の監督・脚本と同じ人と知って、そりゃもう行くしかないやろと。

(ちなみに私が満点を付けた映画『セッション』の感想はこちら。)

で、アカデミー賞最有力候補と言われてるので、来週以降だと客が多くてあれやなと思って、公開初日に行ってきてん。
TOHOシネマズのシネマイレージ会員で、「6本観たら1本無料」ってやつでちょうどタダで観れるタイミングやったから。(それはどーでもええけど)

ジャズを自由に演奏できるお店を開くのが夢という男と、女優を目指す女。
この二人が出会い、やがてどうなるのか・・・ってストーリー。

セブ役の俳優は実際にピアノを弾いてると、インタビューで言うてた。
ピアノ経験が無いけど、この映画のために練習して、映画の中で弾く曲だけ弾けるようになったらしいのだが、それにしてもスゴイのよこれが。

オープニングからミュージカル仕立てになってるので、これに乗っかって入り込んで見れた人の勝ちかな。
私はかなり入り込んで見たよ。
グリフィス天文台でのシーンなんて、二人の感情を表現してると思ったし、心躍ったなぁ。

その前の映画館のシーンも好き。
ネタバレになるけど、ミアが映画館に遅れて入ってきて、舞台の上からセブを探すところのミアの表情にハッとした。
カッコイイ演出やなぁと思った。

二人が夢を語り合うシーンは、エレカシの『おまえとふたりきり』を思い出したな。
「今夜ここでおまえと 夢の話しよう」ってね。

二人の表情やちょっとしたしぐさがとても良い。
例えば面白いことが起きて二人で笑うシーン。
ガハハと笑ったり妙に見つめ合ったりするのではなく、かみ殺したような笑いをしたりってのがリアルで。

後半はとっても切なくてね。
切ないけど、悲しい切なさではなく、前向きやねん。
前向きやけど、やっぱり切ない。

【注意:ここからネタバレ】

そして何といってもラスト数分の展開がもうヤラレタ!

二人が思いがけず再会し、「もしもあのときこうだったら」っていう、もうひとつの人生が映し出されるシーン。
ほんまに切なかった。

でも二人が夢を実現できたのはやっぱり二人が出会ったからなんよね。

もし出会わなかったらお互い夢を実現できひんかったかもしれんから。

それぞれの人生の中の恋愛の1つ。
でも大きな出逢い。

ラストの二人の表情がたまらなく印象的。

(ネタバレここまで)

『セッション』のときもそうやったけど、観終わったあとしばらく脱力状態やった。

エンドロールの唄が染みたわ。


てなわけで、5段階評価で表す場合

私の評価は ★★★★★ (満点)

ミアが原色のワンピースを着てることが多くて、それが似合っててカッコよかったなぁ。
(2/27(金)TOHOシネマズ梅田スクリーン3にて鑑賞)

|

« 高槻 美人湯 祥風苑 | トップページ | 奈良健康ランド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高槻 美人湯 祥風苑 | トップページ | 奈良健康ランド »