« 鶴見緑地湯元 水春 | トップページ | お疲れちゃん会 »

2017.03.20

エレファントカシマシ デビュー30周年記念コンサート at大阪城ホール

Imo_ek03201

エレカシのデビュー30周年記念コンサート
「さらにドーン!と行くぜ!」@大阪城ホールに行ってきましたnote

もうどれほどこの日を心待ちにしていたことかshine

今回はエレカシ単独ライヴを観るのが2回目のしょうちゃんと、単独初体験のリエツィンが一緒。
友達と一緒に見れることがまた楽しみで楽しみで。

Imo_ek03202

席はアリーナ11列の左側。
想像してたよりもステージに近くてよく見えたhappy01
花道もあった。
浩次、「好きです、花道」って言うてたな(笑)

オープニングに4人の若いころからの写真がパパパッとスクリーンに映し出される。
RAINBOWやガストロンジャーをアレンジしたと思われる曲がかかって、それがまたカッコいい!
(ちょっとNINっぽい感じというか)

1曲目は4人だけで「ファイティングマン」。
しかも客電付けた状態!
それがシンプルでカッコよくて^^

ほかにも予想してた人いると思うけど、
1曲目は4人だけでファイティングマンじゃないかなぁと思てたんよね。

2曲目の「デーデ」では途中で浩次がスタッフにやたらとギターを持ってくるよう要求。
その割にはほとんどギター弾いてなかったけど(^^;
元々この曲、ギター弾かずに歌うイメージなんやけどな。

第1部は「悲しみの果て」「今宵の月のように」「風に吹かれて」etcのヒット曲やら「ガストロンジャー」やら。

ガストロンジャーを前半に演るのは珍しい?!

第2部の1曲目は「奴隷天国」。
4人が分割された映像が同じスクリーンに映し出されてカッコいい^^
そして浩次が途中からイッてしもてて怖いくらい。
石くん髪の毛掴んで引っ張られてなかった?

続く「珍奇男」は浩次が花道の先端で男椅子に跨り歌いました。
(私の位置からはうしろを振り返る形になるので、歌ってる表情が見えず。)

「Under The Sky」や「TEKUMAKUMAYAKON」を演ったのも嬉しかったv
キーボードが村山☆潤さんだったしね。

「花男」で2部は終了。

アンコールで「友達がいるのさ」、「おはようこんにちは」「待つ男」。

「友達がいるのさ」では「大阪中の電気を消して♪」と歌詞を変えて歌ってたね。

ほんでそのときは気付かんかったけど、「おはようこんにちは」で浩次が泣いてたっていうじゃないのcoldsweats02

しっかり歌ってたからほんま気付かんかった。

「待つ男」は赤いライティングでカッコよかったなぁ。
私この曲大好きやねん。
(一緒に行った友人が「浪曲みたいな歌」って言うててワロタ)

3時間におよぶステージ、私はとっても楽しめましたhappy01
また3人で行けたらいいなぁ。
できればヤマちゃんも(笑)

※翌3/21発売のベストアルバムも初登場1位^^
興味のある方はぜひ買って聴いてみてください♪

|

« 鶴見緑地湯元 水春 | トップページ | お疲れちゃん会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶴見緑地湯元 水春 | トップページ | お疲れちゃん会 »